家族カードのメリット!家族カードは費用対効果抜群で家族皆がお得

ほとんどのクレジットカードには、家族カードがあります。家族カードは、本会員の家族に追加発行することができ、本会員と同じ特典や保険が付帯するにもかかわらず、年会費は無料だったり半額以下だったりするという、大変お得なカードです。

自分ではクレジットカードが作れない場合でも、家族カードなら利用することができます。

今回は、そんな家族カードのメリットとデメリット、さらには家族カードの発行にオススメのクレジットカードをご紹介します。

家族カードとは!?クレジットカード会員の家族もカードが利用できるサービス

家族カードとは、クレジットカード会員の方のご家族もカードを利用できるサービスのことで、カード会員の家族限定で発行できるクレジットカードです。

一般的に、クレジットカード会員のことを「本会員」と呼ぶのに対し、家族カードを持っている人を「家族会員」と呼びます。

家族カードの主契約は本会員となります。

家族カードのメリット

家族カードのメリットには、下記のようなものが挙げられます。

  • 費用対効果が高い!割安な年会費で本会員と同等のサービスを受けられる
  • 家族でポイントを合算できる
  • 本会員の口座からまとめて引き落とされるので家計管理がしやすい
  • 審査に通らない人でもクレジットカードを持てる
  • ハイステイタスカードも審査なしで使える
  • 家族カードにも保険が付帯する

これらのメリットについて、更に詳しくご紹介していきます。

家族カードは費用対効果抜群

家族カードのメリットには、年会費がお手頃という点も挙げられます。多くの家族カードは年会費無料、あるいは本会員の半額以下に設定されています。

にもかかわらず、ポイントサービスや旅行・レジャー施設・飲食店等での優待、さらに旅行保険やショッピング保険などの付帯保険まで、本会員と同等に利用することができます。

家族カードを利用すれば、家族内で本会員カードを2枚作るよりもずっと格安なコストで、最大限のメリットを味わうことができますよ。

ポイントは本会員にまとめて付与されるから貯めやすい

家族カードで決済した金額は、本会員カード利用分と合わせて請求されます。つまり、利用額に応じて付与されるポイントも、本会員カードの分といっしょに貯まります。

家族みんなで使えば、それぞれで貯めるよりもずっと早くポイントが貯まっていきますよ。

また、請求が本会員と合わせて行われるということは、引き落とし口座や利用明細も本会員と同じです。

ですから、家族みんなのカードの支出がまとまるため、家計管理も簡単になる点もメリットのひとつですね。

家族会員の審査は不要

家族カードは本会員カードの追加カードとして発行されるものなので、申し込みは本会員から行います。家族会員になりたい人が、本会員に無断で家族カードを申し込むことはできません。

そして、家族カードを申し込むと、本会員が審査を受けることになります。家族会員の審査は行われず、個人信用情報も問われません。

つまり、家族カードの発行は、本会員のクレジットヒストリーが良好でありさえすれば可能であり、家族会員のクレジットヒストリーは無関係なのです。

本会員としてカードに申し込むのが不安な方も、家族カードなら安心して作ることができるのは大きなメリットですね。

家族カードは18歳以上で生計を共にする家族が対象

このように、とってもお得な家族カードですが、家族カードの対象となる「家族」の条件には下記のようなものがあります。

  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供
家族カードといえどもクレジットカードなので、18歳以上である必要があります。一般的なクレジットカードの入会条件と同じく、満18歳になっていても高校生は不可です。そして、本会員と生計を同一にすることも条件となっています。

ただし、この条件を満たしていても、カードの種類によって発行できる家族カードの枚数が異なります。たとえば、配偶者と子供3人の合計4人に家族カードを発行したくても、3枚までしか発行できないカードもありますのでご注意ください。

家族カードをご希望の方は、ご家族がお持ちのカードを確認してみてくださいね。

1枚目なら無料でゴールド特典が利用できるおすすめ家族カード3選

ここからは、家族カードの発行におすすめの上級カードであるクレジットカードをご紹介していきましょう。

どれも、ステイタスが高いにもかかわらず、家族カード1枚目が無料で発行できますから、費用対効果の高いお得なカードです。

ポイント倍率アップ特典が豊富!三井住友カード ゴールド

リーズナブルな価格でゴールドカードを持ちたい方には三井住友カード ゴールドがおすすめです。

このカードの年会費は初年度無料、2年目以降は10,000円(税別)ですが、WEB明細に切り替えるだけで1,100円(税込)割引して貰えます。

また、年間利用額が100万円以上で20%引き、年間300万以上の利用で年会費が半額となる為、決済額が多い方にもおすすめの1枚です。

家族カードは1枚目無料、2枚目はわずか1,000円(税別)というお手頃価格なので、家族3人で持っても合計10,000円以下で全員がゴールド特典を利用できます。

空港ラウンジや特別な旅行プランが利用でき、手厚い旅行保険も付帯しています。海外旅行傷害保険には家族特約もついているので、家族カードを持っていない家族にも補償が適用されます。

ポイントがお得に貯まる特典も充実しているので、家族カードも合わせて使えばどんどんポイントが貯まります。

三井住友カード ゴールド

項目 内容
カード名称 三井住友カード ゴールド
年会費 初年度無料(インターネット入会のみ)、
2年目以降10,000円(税別)※
家族カード 1枚目:年会費無料、2枚目:1,000円(税別)
利用枠 50万円~200万円
Vポイント ・基本還元率0.5%
・セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで5倍
・ポイントUPモール経由のネットショッピングで最大20倍
・ココイコ!利用でポイントアップまたはキャッシュバック
・選んだ3つのお店で2倍
付帯保険 ・最高5,000万円の海外旅行傷害保険
(最高2,000万円の家族特約付き)
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険
・年間最高300万円のお買い物安心保険
特典 ・ドクターコール24
・国内主要空港およびホノルルの空港ラウンジ利用可能
・Reluxの最低価格からさらに初回7%OFF、2回目以降5%OFF
・VJトラベルデスク国内・海外ツアー最大5%OFF
・VJ Supreme Selection申し込み可能
・海外レンタカー最大15%OFF
・ハーツGoldプラス・リワーズ会員資格が無料
・空港宅配サービス15%OFF
・手荷物預かりサービス15%OFF
・海外用携帯レンタルサービス通話料15%OFF、レンタル料50%OFF
・iD(携帯型・専用カード型・一体型)利用可能
・PiTaPa利用可能
・WAON利用可能

※WEB明細の利用で2年目以降1,000円(税別)割引、
マイ・ペイすリボ登録&年1回以上のリボ手数料支払いで半額、
前年度の利用額100万円~300万円未満で次回年会費が20%引き、300万円以上で半額

お急ぎの方におすすめ!最短当日発行翌日届けのJCBゴールド

カード発行をお急ぎの方には、最短当日発行翌日届けのサービスが利用できるJCBゴールドがおすすめです。平日11時までに申し込みが完了し、12時までに入会判定結果の連絡がくれば、当日発行の対象となります。

このカードは全国約250店舗で飲食代が20%OFFで利用できたり、旅行関連サービスが充実しているのが強みで、旅行傷害保険はなんと最高1億円の補償です。

飛行機が遅延・欠航した際の補償もついているので、旅行や出張時の予期せぬトラブルにも対応できます。

また、一般的なゴールド特典としての空港ラウンジに加えて、世界1,100ヵ所以上のハイクラスな空港ラウンジが1回32米ドルで利用できる「ラウンジ・キー」も付帯します。

国内での普段の生活の中でも、セブンイレブンやスターバックスなど、誰もが利用するお店でポイント倍率がアップしますから、ポイントも貯めやすいのが特長です。

もちろん、家族カードにもこれらのサービスが付帯していますよ。

JCBカード ゴールド

項目 内容
カード名称 JCBゴールド
年会費 初年度年無料(オンライン入会のみ)、
2年目以降10,000円(税別)
家族カード 1枚目無料、2枚目より1,000円(税別)/枚
※本会員の年会費が無料の場合、家族会員も無料
利用枠 審査により決定
Oki Dokiポイント ・基本還元率0.5%
・海外利用分は2倍
・セブンイレブンやスターバックス等の
JCB ORIGINAL SERIESパートナーで倍率アップ
・Oki Dokiランド経由のネットショッピングで最大20倍
・ポイント有効期限3年(一般カードでは2年)
付帯保険 ・最高1億円の海外旅行傷害保険
(最高2,000万円の家族特約つき)
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険
・最高4万円の国内・海外航空機遅延保険
・最高500万円の国内・海外ショッピング保険
特典 ・空港ラウンジ利用可能
・ラウンジ・キー
・ゴールド会員専用デスク
・ゴルフサービス
・コース代金より20%OFFになるグルメ優待
・全国の各種施設での優待「JCB GOLD Service Club Off」
・JCBプラザ
・たびらば(世界各国での旅行優待)
・空港宅配サービス15%OFF
・空港免税店最大10%OFF
・海外レンタカー最大25%OFF
・JCB GLOBAL WiFi20%OFF、受渡返却手数料無料
・QUICPay利用可能

ドコモユーザーに一押し!dカード GOLD

ドコモユーザーの方ならdカード GOLDが断然おすすめです。

このカードは、ドコモ料金がなんと10%還元されるので、月々のケータイ代が10,000円ほどかかっている場合はポイントだけで年会費の元が取れてしまいます。

dカード GOLDも、先にご紹介した2枚と同様に、本会員カードは10,000円(税別)、家族カードは1枚目無料、2枚目以降1,000円(税別)です。

還元率が高い点もこのカードの魅力の1つで、基本還元率は1%、マツモトキヨシやマクドナルドなどの特約店では1.5%~最大6%還元と、身近なお店での普段使いで多くのポイントが稼げます。家族カードも合わせれば、ますますお得に貯められますね。

さらに、空港ラウンジや充実した補償内容の旅行保険など、ゴールドカードならではの特典も利用できます。

dカード GOLD

項目 内容
カード名称 dカード GOLD
年会費 10,000円(税別)
家族カード 1枚目無料、2枚目以降1,000円(税別)/枚
利用枠 審査により決定
dポイント ・基本還元率1.0%
・ドコモのケータイ料金、ドコモ光料金は10%還元
・ローソンで最大5%還元などdカード特約店でポイント倍率アップ
・dカードポイントUPモール経由のネットショッピングで最大10.5倍
付帯保険 ・最大3年間10万円のケータイ補償
・年間最高300万円のお買い物安心保険
・最高1億円の海外旅行傷害保険
(最高1,000万円の家族特約付き)
・最高3万円の海外航空便遅延費用
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険
・最高2万円の国内航空便遅延費用
特典 ・国内主要空港・ハワイの空港でラウンジ利用可能
・VJデスク
・海外でカードの紛失・盗難時、無料で緊急カードの発行が可能
・海外レンタカー最大10%OFF
・dカードGOLDデスク
・年間利用額に応じてクーポンプレゼント
・iD利用可能

年会費無料でおすすめの家族カード!コスパも最高

ここからは、家族1名分だけではなく、家族全員分の年会費が無料のクレジットカードをお探しの方に、おすすめの家族カードを2枚厳選してご紹介していきます。

年会費無料で高還元!JCB CARD W

JCB CARD Wは年会費無料で持てる高還元カードとして大人気の1枚です。基本還元率も1%と高く、Amazonやセブンイレブンなどのパートナー店では2%還元と特定の店舗では更なる高還元で利用頂ける大変お得なクレジットカードです。

本会員、家族会員とも年会費は完全無料ですので、一切コストがかかりません。

年会費が無料にも関わらず、海外旅行保険や海外ショッピング保険が付帯したり、様々な優待が利用できるハイスペックカードでもあります。

39歳以下の方限定のクレジットカードですが、1度会員になってしまえば40歳過ぎても引き続き利用頂けます。

39歳以下の方は要チェックの1枚と言えるでしょう。

JCB CARD W

項目 内容
カード名称 JCB CARD W
年会費 無料
家族カード 無料
利用枠 審査により決定
Oki Dokiポイント ・基本還元率1.0%
・パートナー店で更なる高還元
付帯保険 ・最高2,000万円の海外旅行保険付帯
・海外ショッピング保険付帯
特典 ・たびらば優待
・JCB優待ガイド
・JCBプラザラウンジ
・QUICPay利用可能

少額決済が多い方におすすめ!Orico Card THE POINT

先にご紹介したJCB CARD Wは39歳以下の方限定のカードですので、40歳以上の方にはOrico Card THE POINTがおすすめです。

Orico Card THE POINTも年会費無料の高還元カードとして大人気の1枚で、基本還元率1%を誇る希少な高還元カードです。

しかも入会半年間は2%もの高還元で利用できる上に、月の累計額に対して100円単位でポイントが獲得できる為、ポイントの取りこぼしもありません。

毎回端数がカットされないポイントプログラムですので、少額決済が多い方に一押しのクレジットカードです。JCB CARD W同様、本会員、家族会員ともに年会費は無料です。

Orico Card THE POINT

項目 内容
カード名称 Orico Card THE POINT
年会費 無料
家族カード 無料
利用枠 審査により決定
オリコポイント ・基本還元率1.0%
・パートナー店で更なる高還元
付帯保険 ・盗難紛失保険
・トラベルサポート
特典 ・トラベルサービス
・電子マネーiD搭載
・QUICPay搭載

家族カードの注意点!利用限度額は本会員と他の家族と共有

ここまで、家族カードの入会しやすさやお得さについてご紹介してきましたが、反面、家族カードにはデメリットもあることはあらかじめ知っておきたい部分です。

入会の前に、それらについても合わせてよく検討しておきましょう。

家族カードの注意点

家族カードには、下記のような注意点があります。

  • 本会員宛てに利用明細が届くため履歴を知られてしまう
  • 利用限度額が共有なので足りなくなるおそれがある
  • 家族カードではクレジットヒストリーができない
  • 本会員がカードを解約すると家族カードも解約となる

順番に解説していきましょう。

どこでいくら使ったか家族に知られてしまう

すでにお伝えしたように、家族カードで支払った分は本会員やその他の家族カード利用分と合わせて、本会員宛てに請求されます。また、利用明細も本会員に届きます。

明細にはどのカードをいつどこで何円の支払いに使ったのかが明記されますので、本会員に知られてしまうことになります。

このように、家族カードの利用ではプライバシーが保てないことにご注意ください。

利用限度枠は本会員や他の家族会員と共有

また、カードの利用限度枠は、本会員と全家族会員で共有することになっています。

仮に、限度額100万円で本会員カードと家族カード2枚を利用する場合、3人で100万円の枠を分け合うことになります。本会員が50万円使い、1人目の家族会員が20万円、2人目の家族会員が10万円利用した場合、その月は3人で残り20万円までしか使えません。

利用限度枠に余裕があれば問題ありませんが、場合によってはいざカードを使いたいときに限度額オーバーで使えなかった、という状況も発生し得ます。

じゅうぶんな利用枠がない場合は、家族内で問題が起こらないよう、常に残りの限度額を気にしておく必要がありそうですね。

クレジットヒストリーが作れない

家族カードは家族会員自身の審査が行われないのは、すでにお話した通りです。これはメリットなのですが、同時に家族カードをいくら使ってもクレジットヒストリーが育たないというデメリットにもなってしまいます。

家族カードのみ使っていると、クレジットヒストリーはホワイト(何の記載もない状態)のままです。良好なクレジットヒストリーは、適切な利用と返済を繰り返している状態であり、ホワイトは返済能力があるのかどうか分からないため、審査では不利に働くのです。

このように、家族カードだけを使っていると、今後、本会員カードが欲しいと思ったときに審査に通りにくくなってしまうというデメリットがあります。

本会員カードを解約すると同時に家族カードも解約される

すでにお伝えしたように、家族カードは本会員カードの追加カードという扱いです。したがって、本会員カードを解約すると、家族カードも自動的に解約となります。

逆に、本会員カードはそのままで家族カードのみ解約することは可能です。家族カードの解約は本会員からの申し出でも可能ですので、あまり使いすぎると解約されてしまうおそれもあります。

また、延滞などの事情で本会員カードが利用停止になると、家族カードも使えなくなります。

ご自身のお好きなタイミングで入会や解約ができず、本会員カードを持っている方の一存で決まってしまうこともあり得ますから、自由度という点ではやはり本会員カードにはかないませんね。

家族カードはグレードが高いカードほど費用対効果が抜群

家族カードは、優待サービスやポイントプログラム、付帯保険など、たいがいのサービスにおいて、本会員と同等のものが利用できます。

しかも、家族カードの年会費は本会員カードの半額以下、カードによっては無料というケースも少なくありません。本会員カードを複数枚持つよりも、家族カードを利用すればかなり年会費を抑えることができます。

利用状況が家族に知られてしまったり、今後別のクレジットカードを作る際に必要なクレジットヒストリーが作れなかったりするデメリットはありますが、これらの点がクリアできるならこれほどお得なカードはありません。

対象のご家族がいる方は、ぜひ検討してみてくださいね。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア
PAGETOP
pagetop