Apple Pay(アップルペイ)の使い方と注意点

近年キャッシュレス化が進み、コード決済を使う方も増えてきました。Apple Pay(アップルペイ)は随分前に導入されましたが、iPhoneユーザーの方でもまだ使ったことのない方はいらっしゃると思います。

そこで、今回はApple Pay(アップルペイ)の使い方と、登録におすすめのクレジットカードをご紹介します。主流になりつつあるスマートフォン決済に、ぜひあなたもチャレンジしてみませんか?

Apple Pay(アップルペイ)とは!?便利なスマートフォン決済の使い方

Apple Pay(アップルペイ)が日本に初上陸したのは2016年10月のことです。その後いくつもの決済方法が登場しましたが、最近は海外のスマートフォン決済に対応するお店もよく見かけるようになりました。

しかし今回ご紹介するApple Pay(アップルペイ)は、それらとは若干異なります。

Apple Payはコード決済ではない

PayPay(ペイペイ)やAlipay(アリペイ)など人気のスマートフォン決済は、QRコードを読み取る(もしくは読み取ってもらう)タイプです。

しかしApple Payはそれとは違って、レジのリーダーにiPhoneをかざして決済します。

これはApple Pay(アップルペイ)が、電子マネー(iD、QUICPay、Suica、PASMO)を使った決済方法だからです。Apple Payのお店での利用手順は、以下のようになります。

  • ①レジで電子マネーの種類を告げる
  • ②サイドボタンをダブルクリック、Face IDで認証
  • ③リーダーにiPhoneの上部をかざして決済

使いたいカードをiPhoneのカメラで読み取る

Apple Pay(アップルペイ)を使う前には、まず以下の手順でクレジットカードをWalletアプリに取り込む必要があります。

  • ①Walletアプリを開く
  • ②プラスボタンをタップ
  • ③使いたいカードをスキャンする
  • ④画面の指示に従って完了

Walletにはこの様に複数のカードを追加することができます。まさにお財布と同じですよね。

Wallet内

Apple Pay(アップルペイ)で決済する際には、このようにiPhoneやApple Watchに取り込んだカードから、代金が支払われる仕組みになっているのです。

そしてApple Payに読み込んだ後のクレジットカードも、そのまま継続して使えます。つまりデジタルカードと物理カードを併用できる訳ですね。

Apple Payは海外でも使える

電子マネーは国内規格ですから、以下4種類の電子マネーを操る日本のApple Pay(アップルペイ)は、国内でしか使うことができません。

Apple Pay対応電子マネー

  • 電子マネーiD
  • QUICPay
  • Suica
  • PASMO

しかし以下の国際規格の非接触型決済に対応するクレジットカードをWalletに追加すれば、海外でも日本のApple Payが使えます(Apple PayはVisaのタッチ決済には未対応)。

  • ◯ Mastercardコンタクトレス
  • ◯ JCB Contactless
  • ◯ アメリカン・エキスプレスのタッチ決済
  • × Visaのタッチ決済

お店での使い方は電子マネー利用時と同じで、レジのスタッフにカードブランドもしくはコンタクトレス/タッチ決済の利用を伝えて、後はリーダーにiPhoneをかざすだけです。

海外で日本のApple Payを使うには、対応するカードを事前にWalletアプリに追加してください。コンタクトレス/タッチ決済対応カードはこちらのマークが目印です。

タッチ決済対応マーク

SuicaやPASMOで改札を通れる

Apple Pay(アップルペイ)が便利なのは、交通系電子マネーSuicaとPASMOが使えることです。iPhoneやApple Watchで改札を通れますし、Suica加盟店やPASMO加盟店ではお買いものもできます。

現在Apple Pay(アップルペイ)で利用可能な交通系電子マネーはSuicaとPASMOだけですが、今後のサービス拡大にも期待したいですね。

Suicaカードの取り込み方法

以下のSuicaをお持ちの方は、カードのデータをApple Payに取り込むことができます。ただしクレジットカードと一体型になったSuica(ビックカメラSuicaカードなど)は対象外ですのでご注意ください。

  • ◯ Suica(無記名)
  • ◯ My Suica(大人用記名)
  • ◯ Suica定期券(通勤・大学)
  • × クレジットカード一体型

Apple Pay(アップルペイ)のWalletにSuicaを追加する方法は以下の通りです。もちろんSuica残高(19,500円以下)も引き継がれます。

  • 1. Walletアプリで追加ボタンをタップ
  • 2. Suicaを選択
  • 3. Suica ID下4ケタと生年月日を入力
  • 4. iPhone上部をSuicaカードに乗せる
  • 5. データ転送

データ転送が済んだ後のSuicaカードは、もう使うことができませんので廃棄処分にしてください。デポジット料金の500円は、後でSuicaの残高に加算(返金)されます。

Suicaカードの読み取りについては、他にも以下の点に注意しましょう。

  • Walletに追加すると元に戻せない
  • Suica ID番号が変わる
  • オートチャージ設定は引き継がれない(再設定が必要)

Apple Pay(アップルペイ)はSuicaをアプリで新規発行できる

SuicaカードをApple Payに読み込むとオートチャージ設定が消え、Suica ID番号も変わるため、再度設定が必要になります。

こういったことが面倒な人は、Suicaを新規発行してください。「Suicaアプリ」をダウンロードすれば、以下の手順で新しいSuicaがWalletに追加されます。

  • 1. SuicaアプリでSuica発行をタップ
  • 2. 会員登録
  • 3. 最低1,000円のチャージ(Wallet内のカードから)
  • 4. Suicaが新規発行され、WalletにSuicaが追加される

Suicaの新規発行には最低1,000円のチャージが必要ですが、このチャージにはアップルペイに登録したクレジットカードが使えます。

またiOS 13~のiPhoneなら、Walletアプリでも以下の様にSuicaを新規発行できます。

  • 1. Walletアプリを開く
  • 2. 「交通系 IC カード」から「Suica」を選ぶ
  • 3. 最低1,000円のチャージ(Wallet内のカードから)
  • 4. Suica新規発行、WalletにSuicaが追加される

    Apple Pay(アップルペイ)Suicaのチャージ方法

    SuicaのApple Pay(アップルペイ)でのチャージ手順は以下の通りです。

    • 1. Walletアプリを開く
    • 2. Suicaを選ぶ
    • 3. 金額を選択して「追加する」をタップ
    • 4. 支払うカードを選択
    • 5. 認証してチャージ完了

    Suicaアプリでもチャージは可能ですが、どちらの場合も、チャージできる金額は最大2万円までです。

    Apple Pay(アップルペイ)のSuicaにオートチャージ設定したい場合は、オートチャージに対応しているビューカードを追加しましょう。

    利用明細を管理できる

    WalletのカードやSuicaをタップすれば、直近の利用明細が表示されます。「いくら使ったかな?」と思ったら、すぐその場でチェックできるので安心ですね。

    ただしクレジットカードによってApple Payの利用分だけが表示される場合もあれば、物理カード(プラスティックカード)の支払い分も含まれるケースがあるので注意が必要です。

    正確な請求額を知るためには、Apple Payの利用明細だけでなく、各カード会社の明細を確認するようにしましょう。

    オンラインでも決済できる

    Apple Pay(アップルペイ)は実店舗だけでなくインターネット決済もできます。以下が対応ショップの一例です。

    • BASE
    • じゃらん
    • 出前館
    • YAHOO!ショッピング
    • ユニクロ公式オンラインストア

    オンラインサービスの支払い方法に「Apple Pay」の選択肢が表示されたら、ぜひApple Payで支払ってみましょう。カード番号の入力など、面倒な手続きもなく安全に決済できます。

    Apple Pay(アップルペイ)におすすめのクレジットカード4選

    Apple Pay(アップルペイ)にはクレジットカードが欠かせません。そこでWalletに追加するのにピッタリのカードをご紹介したいと思います。

    年会費の負担もなく、どなたもすぐに手に入れることのできるおすすめのクレジットカードを4枚続けてご紹介しましょう。

    Apple Payとの相性抜群!JCB CARD W

    JCB CARD Wは年会費完全無料・基本還元率も1%と高い大変お得なクレジットカードです。

    Apple Payとの相性も抜群で、以下の「JCB ORIGINALシリーズパートナー」優待店では、Apple Payを使った場合もポイントが倍付けになります。

    • セブン-イレブン
    • スターバックス
    • 成城石井(一部)

    Apple Pay上では「QUICPay」が割り当てられるので、お店では「QUICPayで支払います」と伝えた上で、リーダーにiPhoneをかざして決済してください。

    JCB CARD W

    年会費無料にも関わらず、海外旅行保険や海外ショッピング保険が付帯するハイスペックカードで、人気の高いカードでもあります。

    このカードは39歳以下の方限定ですが、一度所有してしまえば40歳以上になっても引き続き利用頂けます。39歳以下の方は真っ先にチェック頂きたい1枚です。

    女性の方にはJCB CARD W plus L

    JCB CARD W plus Lは、JCB CARD Wの女性向けバージョンで、券面のデザインがピンク基調です。iPhoneの画面上で見ても綺麗ですし、Walletの中で他のカードとも見分けがつきやすいですよ。

    JCB CARD W plus L

    またplus Lの方は、低価格で女性をサポートしてくれる女性疾病保険にオプションで加入することもできますよ。

    また月払掛金30円から加入できる「お守リンダ」でも、ストーカー被害補償など複数の保険を選べます。この他にもplus Lには、豪華なプレゼント企画に応募できる特典がついています。

    最短5分でWallet追加可能!お急ぎの方には三井住友カード

    「今すぐApple Payに追加するカードが欲しい!」という方には、三井住友カードをおすすめです。

    三井住友カードはオンラインで申し込んでから、何と最短5分で「カード番号」が発行されるのです。Apple PayのWalletにはカード番号だけでも登録できますので、お急ぎの方にはピッタリです。

    三井住友カードはApple Pay上ではiDが割り当てられます。Apple Payで三井住友カードを使う場合は、iDで支払うことを伝えた上で、リーダーにiPhoneをかざして決済してください。

    三井住友カード

    三井住友カードは、以下の店舗でポイントが常にプラス2%還元ですから、これらの店舗をよく利用する方にもおすすめです。

    • セブンイレブン
    • ファミリーマート
    • ローソン
    • マクドナルド

    先にご紹介したJCB CARD W/plus Lは39歳以下の方限定のカードですので、三井住友カードは40歳以上の方におすすめです。

    少額決済が多い方におすすめ!Orico Card THE POINT

    Orico Card THE POINTは年会費は永年無料、基本の還元率が高くて大変お得なクレジットカードです。

    • どこで使っても還元率1%以上
    • 入会後6ヵ月間は還元率2%
    • オリコモールではポイントアップ+0.5%上乗せ

    もちろんApple Payで使っても、この還元率は維持されます。Walletへの追加は、Walletアプリからもオリコ公式アプリからも可能です。

    このカードにはApple Pay上でQUICPayが割り当てられるので、実店舗ではQUICPayで支払う旨を伝えた上で、リーダーにiPhoneをかざして決済してください。

    Orico Card THE POINT

    このカードは月の累計額に対して100円単位でポイントを獲得できる為、少額決済が多い方に有利なポイントプログラムです。

    Orico Card THE POINTの本体には、iDとQUICPayがダブル搭載されていて、1枚で3通りの支払い方法が可能です。Apple Payも便利ですが、ぜひプラスティックカードの方も携行してご活用ください。

    Apple Pay(アップルペイ)利用上の注意点

    Apple Pay(アップルペイ)ような決済手段って、ちょっとした不具合が原因で使うのが嫌になってしまうことってありますよね。でも最初からデメリットを知っていてれば、前もって対処ができます。

    そこで最後に、アップルペイのデメリットと利用上の注意点についてご説明しましょう。

    暗証番号が必要な場合がある

    Apple Pay(アップルペイ)、一度に多額の支払いができない場合があります。一部のお店では2万円を超えると支払えなかったり、その金額以下でも一部店舗では暗証番号( PIN )の入力やサインを求められることもあります。

    Apple Pay(アップルペイ)に登録しているクレジットカードの暗証番号は、しっかりと覚えておきましょう。

    使えるお店が限定される

    Apple Pay(アップルペイ)は電子マネーを使うため、クレジットカードのみ対応のお店では使えません。

    電子マネーに未対応のお店はまだ多いですし、中にはiDにしか対応していなかったり、Suicaしか使えないお店もあります。

    できるだけ多くのお店でアップルペイを使うには、WalletにiD、QUICPay、Suicaに対応できる全てのカードを用意する必要があります。

    また海外旅行の前には、ぜひタッチ決済に対応するカードも追加しておきましょう。

    ポイントカードの使い方にご注意

    Apple Pay(アップルペイ)のWalletには、今のところ以下の2種類のポイントカードを追加することができます。

    • Pontaポイントカード
    • dポイントカード

    これらポイントカードをWalletに追加すれば、ローソンでアップルペイ決済した時に、ワンアクションで決済とポイント加算の両方が同時に実行されます。

    ただしローソンでは必ず「アップルペイで」と伝えてください。iDやQUICPay払いだと、決済のみでポイントは加算されません。

    またローソン以外の加盟店でアップルペイを使う場合は、必ずポイントカード(プラスティックカードもしくはApple Pay以外のデジタルカード)を提示してください。

    ポイントカードの提示を忘れると、もらえるはずのポイントを取り損ねるので注意が必要です。

    還元率がダウンするケースがある

    またクレジットカード優待店の利用にも注意が必要です。例えばJCBのパートナー優待店でJCB CARD Wを使うと、Apple Pay払いでは以下の様に優待ポイントが付く店と付かない店があります。

    また成城石井の一部店舗はクレジット払いのみ対応なので、この場合はApple Payが使えません。

    JCB優待店 JCB CARD W
    (カード払い)
    JCB CARD W
    (アップルペイ払い)
    セブン-イレブン 決済ポイント
    +優待ポイント
    決済ポイント
    +優待ポイント
    高島屋 決済ポイント
    +優待ポイント
    決済ポイント
    成城石井(自由が丘店など) 決済ポイント
    +優待ポイント
    カード決済ポイント
    +優待ポイント
    成城石井(日本橋浜町店など) 決済ポイント
    +優待ポイント

    普段よく利用するお店では、Apple Payへの対応だけでなく、ポイントの貯まり方も必ず確認しておきましょう。そして利用先によっては、プラスティックカードとApple Payとの使い分けが必要です。

    Suicaはエクスプレス設定が必要

    Apple Pay(アップルペイ)の利用時にはTouch ID/Face IDの認証が必要ですが、これってちょっと面倒ですよね。

    これもApple Payのデメリットの一つですが、Suicaの利用時に限っては、Touch ID/Face IDを省略できます。

    【エクスプレス設定】

    • Touch ID/Face IDなしで自動改札機を通れる
    • Wallet内の1つのSuicaにのみ設定可能

    エクスプレス設定はiPhoneのメニュー「設定」から、「WalletとApple Pay」の画面ですぐに設定できますよ。

    iPhoneの電池切れに注意

    Apple Pay(アップルペイ)を使い始めるとiPhoneへの依存度がますます高まりますが、そこで心配なのが電池切れです。

    外出先で電車に乗れない・買いものもできないとなると大変ですが、もっと怖いのは、Apple PaySuicaで乗車中に充電が切れてしまうことです。

    最新型のiPhoneには予備電力機能が付いていて、充電が切れた後も最大5時間はSuicaが有効なので、滅多なことはありません。

    しかし万が一電池残量が完全に0になってしまうと、そのままでは改札を出ることができないので注意が必要です。

    Apple Payを使い始めたら、外出先ではこれまで以上にこまめに充電するよう気をつけてください。

    Apple Pay(アップルペイ)の使い方は初心者の方でも簡単です

    Apple Pay(アップルペイ)は、iPhoneだけで電車に乗ることも買い物もできる、とても便利な決済方法です。カメラでカードやSuicaを読み取るだけで、初心者でもすぐに使い始めることができます。

    コンビニや百貨店など数多くのお店が対応していますが、電子マネーに未対応のお店では使うことができません。

    クレジットカードしか使えないお店で買い物をしたい時、またクレジットカードの優待を使いたい場合など、プラスティックカードが必要な場合も考えられます。

    時と場合に応じてApple Payとクレジットカードを併用すれば便利ですし、ポイントの取りこぼしもないでしょう。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア
PAGETOP
pagetop