海外旅行保険つきクレジットカードを徹底解説!お得な活用術

「海外旅行中に病院で治療を受けると高くつく」という話を、どなたも一度は聞いたことがあるでしょう。だから海外旅行の前には、必ず保険に加入するんですね。

でもクレジットカードにも海外旅行保険が付いていることを忘れないでください。付帯保険には価値がないと思い込んでいる人も多いのですが、それは大きな間違いです。

これから海外旅行保険クレジットカードのおトクな使い方を徹底解説します。付帯保険をまだ使ったことのない方は、ぜひご一読ください。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険のメリットとデメリット

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は単なるお飾りではないのですが、そもそも使い方がよく解らないという方が多いようです。

そこでクレジットカード海外旅行保険とはどういうものなのか、そのメリットとデメリットを任意保険と比較しながら見ていくことにしましょう。

クレジットカードには海外旅行保険が付帯する

海外旅行保険とは、旅行中の様々な損害をカバーしてくれる保険で、死亡時の補償だけでなく、病気や怪我で治療を受けた時、持ち物を盗まれた時の補償など、複数の補償がセットになっているのが普通です。

多くのクレジットカードではこの保険が無料で使えるのですが、旅行の前にわざわざ保険料を支払って保険に加入する方も多いのです。

ここでは保険会社に申し込んで加入する有料の保険を「任意保険」、クレジットカードに付帯する海外旅行保険を「クレジットカード海外旅行保険」または「付帯保険」と呼ぶことにします。

メリット① 加入手続きが必要ない

クレジットカード海外旅行保険の第一のメリットは、加入時の手続きが一切不要なことです。

旅行の都度申し込む任意保険とは違って、付帯保険は手続きしなくても自動的に発動してくれます。海外旅行前の準備は大変ですから、面倒な作業が一つでも減れば助かりますよね。

付帯保険で手続きが必要なのは、保険金の請求時だけです。海外旅行保険つきのクレジットカードを持っていれば、何か起こった時は保険会社に連絡を入れて、すぐ保険金の請求手続きに取りかかることができます。

メリット② 年会費無料のカードなら保険料0円

しかもクレジットカード海外旅行保険は保険料が0円で、費用も一切かかりません。

任意保険だと最低でもこのくらい必要ですから、これが節約できるとはありがたいですよね。

  • 台湾3日間:1人 1,020円~
  • ハワイ6日間:1人 2,340円~
  • ヨーロッパ9日間:1人 3,200円~

海外旅行のコストを少しでも削りたいのはどなたも同じですから、ここはクレジットカードの保険を活用しない手はありません。

デメリット① 保険会社の保険と比較すると補償項目が少ない

これだけだとクレジットカード海外旅行保険はいいことだらけに見えますが、やっぱりデメリットもあります。それは補償内容が不十分な場合もあるということです。

では付帯保険では、一般的にどのような補償が可能なのでしょうか?以下がその補償の一覧です。

【クレジットカードの海外旅行保険:補償項目】

◎傷害死亡:(怪我による死亡)
◎傷害後遺障害:(怪我による障害)
◯傷害治療費用:(怪我の治療費用)
◯疾病治療費用:(病気の治療費用)
◯救援者費用:(救護等の費用)
◯携行品損害:(盗難や破損による損害)
◯賠償責任:(損害賠償責任)
△航空機遅延等費用:(飛行機の延着に伴う損害)
△航空機寄託手荷物遅延等費用:(手荷物が届かない時等の損害)
△キャンセル費用:(旅行のキャンセル費用)

カードによっても補償内容が異なるため、記号で区別しました。殆どのクレジットカードは◎印から◯印までの補償に対応しますが、一部のグレードの高いクレジットカードは△印の補償にも対応します。

しかし中には疾病治療費用の補償がなかったり、海外旅行保険そのものが付帯しないカードもあるので注意が必要です。

任意保険は補償項目が充実している

一方こちらは有料の任意保険の補償内容です。対応できる補償の種類はクレジットカード付帯の保険より多いです。

【任意保険:補償項目】
・傷害死亡
・傷害後遺障害
・疾病治療費用
・傷害治療費用
・救援者費用
・携行品損害
・賠償責任
・航空機遅延費用
・航空機寄託手荷物遅延等費用
・キャンセル費用
・疾病死亡補償
・妊娠初期の異常を原因とした治療費
・持病、既往症の治療費
・緊急歯科治療
・ペット預入延長保険金
・テロ等対応保険金
・弁護士費用
・留守宅家財盗難

上から順に「傷害死亡~キャンセル費用」まではクレジットカードの海外旅行保険でも対応可能ですが、「疾病死亡補償」から下は任意保険にしかない補償です。

任意保険でもシンプルな補償を選ぶこともできますが、オプションを付ければかなり幅広い補償が可能となります。もちろんその分保険料は割高になりますが、例えば妊婦さんや持病のある方も、安心なプランを選べるのは任意保険の良いところですね。

しかし料金との兼ね合いを考えれば、一般的にはクレジットカードの海外旅行保険でも必要にして十分なケースがほとんどです。

デメリット② 補償額が足りない場合がある

ただしクレジットカード海外旅行保険の場合、支払われる保険金の上限が決まっているため、請求金額が保険金を上回るケースも考えられます。これがカード付帯保険の第2のデメリットです。

以下実際に支払われた高額な保険金の例をご覧ください。海外の医療費は日本よりもずっと高く、この様に莫大な費用が発生するケースもあるので注意が必要です。

旅行先の国 支払われた保険金総額 使われた補償
中国 約1,000万円 ・傷害治療費用
・救援者費用
アメリカ 約1,700万円 ・傷害治療費用
・救援者費用
中南米 約500万円 ・傷害治療費用
・救援者費用
オーストラリア 約500万円 ・疾病治療費用
・救援者費用

保険でカバーできなければ自腹を切るしかないですが、この様な事態は滅多に起こるものではないので、無闇に心配する必要はありません。

しかし少なくとも自分が使うかもしれない保険の補償内容くらいは、旅行前にちゃんと確認しておく方がいいですね。なお保険金不足はある裏技で対応できますので、これについては後ほど詳しくご説明します。

デメリット③ 条件付きの場合もある

クレジットカードの海外旅行保険には、実はもう一つ気をつけなくてはならないことがあります。それが保険の付帯条件です。

クレジットカードの海外旅行保険には、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。自動付帯の保険は自動的に発動しますが、利用付帯は一定の条件を満たさない限り有効になりません。

つまり海外旅行保険つきのクレジットカードを持っていても、それだけではいざという時に保険が適用されない場合もあるのです。これがカード付帯保険の第3のデメリットです。

ツアー代金や運賃を支払うと保険が発動する

海外旅行保険の規約を調べると、小さな文字で「〇〇が条件です」「〇〇すれば有効になります」といった一文が記載されていることがあります。それが見つかればその保険は利用付帯、なければ自動付帯です。

利用付帯の保険を有効にする条件とは、旅行費用をそのクレジットカードで支払うことです。

対象となる費用は基本的にはツアー予約代金と飛行機のチケット代ですが、カードによっては空港までの運賃や、現地で交通機関を使った際の運賃が含まれるケースもあります。

【利用付帯:対象となる費用の例】

・パッケージツアー予約代金
・渡航便のチケット代金
・空港までの交通機関(タクシー、バス、電車、飛行機)の運賃
・海外の交通機関の運賃

旅行の前には必ず保険規約をチェックしましょう。そしてその保険が利用付帯だった場合は、保険の有効条件にもしっかり目を通すことが大切です。

クレジットカード海外旅行保険の問題はコレで解決!注意点と対応策

自分が持っているクレジットカードに海外旅行保険が付いているからといって、それだけでは安心できないことが解りました。

ではどうすればクレジットカードの海外旅行保険を上手く活用できるのでしょうか?クレジットカード海外旅行保険の注意点に沿って、それぞれの対応策を見ていきましょう。

治療費用は特に重要

先ほど保険金の例をご紹介しましたが、それを見ると以下3つの補償が特に重要だということが分かると思います。

  • 傷害治療費用:怪我をした時の治療費
  • 疾病治療費用:病気になった時の治療費
  • 救援者費用:救護や帰国にかかる費用、家族が駆けつける際の費用

海外旅行保険で高額な保険金が支払われる例は、いずれも家族や医師が付き添って帰国せねばならない重篤なケースに限られます。そしてその際に使われる補償が、治療費用と救援者費用です。

実際に旅行先で起こるトラブルの大半は軽いものなので、一般的には2種類の治療費用(傷害と疾病)が重視されます。

では保険金はどの程度なら安心できるのでしょう?2種類の治療費用は300万円~500万円以上が理想的です。任意保険の場合は「無制限プラン」も選べるのですが、クレジットカードの海外旅行保険では300万円が妥協できるギリギリのラインです。

補償の少なさと保険金の低さは枚数でカバーできる

しかし一般的なクレジットカードの付帯保険の補償内容を調べてみると、治療費用・救援者費用いずれも200万円というのが平均的で、300万円以上の補償は年会費の高いカードにしか見られません。

でもだからといって、新しくカードを作る必要はないんですよ。補償額の低いカードでも2枚以上あれば、補償項目や保険金を合算・強化できるからです。

・2つ以上の海外旅行保険は補償を合算できる
・死亡補償と後遺障害については金額の高い方が採用される

1枚のクレジットカードでは不十分でも、複数のカードの海外旅行保険を合算すれば、幾らでも補償内容を強化できるのです。

保険の合算に使うクレジットカードは何枚でも構いませんし(請求が面倒ですが)、またカード付帯保険+任意保険の組み合わせもOKです。

海外旅行保険は合算して強化できる

以下は2枚のクレジットカードを使用して、海外旅行保険の補償を合算した例です。

補償 カード1 カード2 合算=1+2
傷害死亡、後遺障害 1,000万円 3,000万円 3,000万円
(高い方)
後遺障害 1,000万円 3,000万円 3,000万円
(高い方)
傷害治療費用 100万円 300万円 400万円
疾病治療費用 100万円 300万円 400万円
賠償責任 2,000万円 3,000万円 5,000万円
携行品損害 20万円 30万円 50万円
救援者費用 100万円 200万円 300万円

カード1とカード2の保険を合算することで、より理想的な補償内容に近づけることができました。

利用付帯の保険に注意

ただし保険を合算する際には、付帯条件に気をつけてください。利用付帯の保険を有効にするためには、そのカードで旅行費用を支払わねばならないからです。

例えばさっきの合算の表で使ったカードが2枚とも利用付帯だとしたら、あらかじめ以下のように支払い配分を考えておかないと、両方の保険が有効になりません。

  • カード1 → ツアー予約代金を支払う
  • カード2 → 空港までのタクシー代を支払う

この場合タクシーがクレジット決済できるかどうかの確認や、領収書や支払い記録の保管にも気を配る必要がありますし、電車を使う場合はどうするかなど、事前に調べておきたいことはたくさんあります。

キャッシュレス診療が安心で便利

またクレジットカードの海外旅行保険には、できれば使えた方がいい便利なサービスがあります。それが「キャッシュレス診療」です。
カード会社によっては以下のように表記される場合もあるので、このサービスが受けれるかどうか、ぜひ一度保険規約を調べてみてください。

  • キャッシュレス診療
  • キャッシュレス医療
  • キャッシュレスメディカルサービス
  • 緊急アシスタンスサービス(キャッシュレス診療が含まれる)

クレジットカードの海外旅行保険には、多くの場合キャッシュレス診療がセットされています。

キャッシュレス診療なら支払いが不要

キャッシュレス診療とは、海外で具合が悪くなった時、電話一本で病院を予約してもらえるサービスです。しかもかかった医療費は保険金で賄われるため、現地の病院での支払いは必要ありません(キャッシュレス)。

医療体制も異なる海外で適当な病院を探すのは至難の技ですから、このサービスが使えると使えないとでは大違いです。

キャッシュレス診療には必ず予約が必要で、その利用手順は以下のようになります。

【キャッシュレス診療の利用手順】

①担当デスクに電話、カード番号など必要事項を伝える
②提携病院の予約をとってもらう
③指定された病院で治療を受ける

提携病院には対応に慣れたスタッフが常駐していて、言葉の心配もなく安心して治療を受けることができます。しかもお財布に響かないので、旅行計画が狂う心配もありません。

キャッシュレス診療対象外のケースに注意

もちろん既往症や歯痛など、付帯保険でカバーできない治療はキャッシュレス診療の対象外ですし、また事前予約せずに治療を受けてしまうとキャッシュレスにならないので注意してください。

また以下の費用もキャッシュレスの対象外です。

  • 病院までの交通費
  • 処方された薬の代金
  • 転院先での治療費
  • 少額な治療費

これらの費用がかかった場合は一旦立て替えて、帰国した後に保険金を請求してください。現地で発行された領収書など支払いに関する記録は、手続きが済むまで大切に保管しておきましょう。

クレジットカードでは家族特約が使える

もしも家族旅行するのであれば「家族特約」の利用がおすすめです。これは旅行に同行する家族全員に、カード会員と同じ海外旅行保険が適用されるサービスで、一部のクレジットカードが対応しています。

家族特約はクレジットカードに入会する必要がないので、小さなお子さん連れで海外旅行に行く場合には最適です。

クレジットカード家族特約は超おトク

任意保険にも家族特約があり、こちらはファミリープランや家族契約と呼ばれます。任意保険と比較すれば、クレジットカードの家族特約がどのくらいおトクなのかがよく解りますよ。

  クレジットカード家族特約 任意保険ファミリープラン
補償額 本会員より低い場合もある 契約者より低い場合もある
料金 0円 1人分の保険料 × 人数分
※若干割安

任意保険の家族契約は割安にはなりますが、基本的に人数分の保険料が必要です。しかしクレジットカードの家族特約の場合、人数が増えても費用は0円のままです。

家族特約を使えば子供の人数にかかわらず、海外旅行保険が毎回完全無料になります。家族の多い方はこれを使わない手はないですよね。

家族特約付きのおすすめのクレジットカードを紹介した記事もご用意してますので、クレジットカードが作れない18歳未満の小さなお子様がいらっしゃる方は是非チェックしてみてくださいね。

子供も家族も安心!家族特約つき海外保険付帯のクレジットカードはお得

家族特約つきのカードにはメリットが多い

家族特約が使えるクレジットカードには年会費が必要ですが、旅行のためだけに新規入会しても元が取れる公算が高いんですよ。

海外旅行保険は家族分が無料になりますし、また以下のような旅行関連の優待や特典が使えます。他にもグレードの高いサービスを利用できるので、使えば使うほどおトクになります。

  • 海外サポートサービス
  • パッケージツアーの優待
  • 観光ラウンジ
  • 空港ラウンジ
  • 手荷物宅配
  • 空港免税店優待

今後お子さん連れで海外旅行に行く予定のある方は、ぜひ家族特約も視野に入れてクレジットカードを選んでください。保険料だけでもかなりの節約になること間違いありません。

海外旅行保険でおすすめのクレジットカード3選

では優れた海外旅行保険が付帯するクレジットカードを3枚続けてご紹介しましょう。いずれもコストパフォーマンスが高く、旅行以外にも利用価値の高いクレジットカードばかりです。

記事の中でご説明した「保険の強化」に便利なカードもありますので、ぜひメインカードと組み合わせてご利用ください。

自動付帯で治療補償が充実!年会費無料のエポスカード

エポスカードは年会費無料で、マルイの店頭カウンターで即日発行できるため、旅行前でも気軽に申し込めます。

注目すべきは海外旅行保険の補償内容です。自動付帯ですから旅行費用を決済しなくても保険が有効になりますし、特に疾病治療費用が高くて補償の強化には最適です。またキャッシュレス診療にも対応します。

以下海外旅行保険のスペックには、特に重要な2種類の治療費用と救援者費用のみ記載しましたが、もちろんその他の補償も揃っています(以降同様)。

エポスカード

補償内容 補償金額
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高270万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円(免責3,000円)
付帯条件 自動付帯
キャッシュレス診療 あり

26歳になるまで年会費無料!セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの本来の年会費は3,300円(税込)ですが、26歳までは年会費が無料ですので、特に若い方におすすめです。

海外旅行保険の補償額が全般に高いのが特徴ですが、利用付帯なのでこのカードで旅行費用を決済しないと発動しないことにご注意ください。

自動付帯のエポスカードと合算すれば、以下のようにかなり満足度の高い補償内容になります。

  • 傷害治療費用:合算後500万円
  • 疾病治療費用:合算後570万円
  • 救援者費用:合算後300万円

セゾン・ブルー・アメックス

補償内容 補償金額
傷害治療費用 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高3,000万円
携行品損害 最高30万円(免責3,000円)
付帯条件 自動付帯
キャッシュレス診療 あり

JCB CARD Wは保険期間の延長に使える

JCB CARD Wは39歳以下の方限定の年会費無料で作れる高還元カードとしても人気の1枚です。

しかし実はこのカードの海外旅行保険は、保険期間の延長という裏技が使えます。これは海外に3ヶ月以上長期滞在する人に役立つ方法です。

この裏技には、JCB CARD Wを含めて合計2枚のクレジットカードを使います。手順は以下をご参照ください。

①1枚目のカードの保険を有効にして出国する
②海外で3ヶ月後(通常の付帯保険の保険金は3ヶ月)保険期間が切れる
③JCB CARD Wの付帯保険を発動させる

実はJCB CARD Wの海外旅行保険は、海外の公共交通機関の運賃を支払うことでも有効にできるのです。

なので海外旅行中に、好きなタイミングで保険を発動できるんですね。その結果、通常の保険期間3ヶ月を過ぎた後でさらに3ヶ月間、JCB CARD Wの海外旅行保険を使えるという訳です。

JCB CARD W

補償内容 補償金額
傷害治療費用 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円(免責3,000円)
付帯条件 利用付帯※海外でも発動可能
キャッシュレス診療 あり

海外旅行保険クレジットカードは使い方次第で超おトクで便利です

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は一般に軽視されがちですが、実際にはとても役立つものだということがご理解いただけたと思います。

1枚では不十分な場合も、2枚以上のカードを合算することで補償を強化できますし、一部のクレジットカードでは同行する家族にまで補償がつきます。

任意保険より劣る部分もありますが、何と言っても完全無料で手続きも不要、使い方次第では必要にして十分な補償が可能です。ぜひ次回の旅行では、クレジットカードの海外旅行保険をご活用ください。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア
PAGETOP
pagetop