クレジットカードのメリットとデメリット!

クレジットカードを作りたいけれど、使いすぎてしまわないか、個人情報が漏れたりしないかと、不安を持っている方も多いのではないかと思います。

しかしそれは、クレジットカードのメリットとデメリットをきちんと理解できれば、なくなる不安です。

クレジットカードは、現金払いと比べますと格段に便利ですし、メリットもたくさんありますので、ぜひ1枚は持っておいて欲しいもの。

今回はクレジットカードのメリットとデメリットについて、詳しく解説しますので、これからカードを作ろうと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

デメリットは分かっていれば対処法がありますし、メリットの方が断然多いので、きっとカードを作りたくなるでしょう。

クレジットカードの仕組み!クレジットカードの支払いの仕組みは立替払い

クレジットカードの支払いの仕組みは、「立替払い」です。利用者に代わって支払いをしてくれるので、利用者は後からカード会社に、その代金を支払います。

クレジットカード会社が立替払いしてくれる

クレジットカードを使うには、まず、クレジットカード会社が利用者にカードを貸与します。

利用者は、街のお店やインターネットショッピングでカードを使いますが、使えるのはそのカード会社が加入している国際ブランドの加盟店のみです。

例えば、カードに「VISA」のマークがついていれば、VISAに加盟しているお店で利用できます。

カード決済をすると、お店からカード会社に対して請求が行きます。そして、カード会社からお店に対して、代金が支払われるのです。

そしてカード会社は、1ヶ月に使った金額をまとめて、利用者に対して請求をします。利用者が登録した金融機関から代金を引き落とす、という形で使ったお金を回収しています。

クレジットカード仕組み

つまり、カード決済をすると、カード会社が一時的に代金を立替払いしてくれるので、後でまとめて返済するというシステムになっているのです。

カード会社は手数料で利益を上げる

そんなことをして、カード会社には何の利益があるのだろう?と思いますよね。

私たちが、例えば1,000円のものを購入したら、引き落としされるのは1,000円です(1回払いの時)。

手数料などが取られるわけではありません。

では、クレジットカード会社の利益はどこから出るのか、それは加盟店側が支払う手数料からです。

支払い総額に対して何%という形で手数料を取っていますので、お客さんがカードを使ってくれればくれるほど、カード会社の利益になるというわけです。

他にも、

  • 年会費収入
  • 分割払い、リボ払いの手数料

などから、利益を得ています。

お店にも利用者にもメリットがある

手数料を取られてしまうなら、お店側は損をしてしまうのでは?と思うかもしれませんが、そうとは言い切れません。

なぜなら、現金しか使えないお店よりも、クレジットカードも使えるお店の方が利用者にとっては便利ですから、カード決済を導入している方がお客さんを逃しにくいでしょう。

また、現金払いだけですと、売り上げの管理などが煩雑になり、面倒です。売り上げをデータ化できるカード決済の方が、管理は便利。

利用者から見ても、カードで支払った方がポイントが貯まりますし、手持ちの現金がないときでも、カードで買い物ができればATMでおろす必要がないので便利です。

このように、クレジットカード払いは、お店にとっても利用者にとっても便利なものなのです。

私たちがクレジットカードを使うとどのようなメリットがあるのか、次の章からさらに詳しくお話ししましょう。

現金払いより断然便利!クレジットカードを使う21のメリット

クレジットカード1枚持っていれば、現金がなくても買い物ができますし、支払い方法も柔軟に選べます。

どのようなメリットがあるか、詳しく見てみましょう。

1.今、手持ちの現金がなくても買い物ができる

クレジットカードは、少額のお買い物から大きな買い物まで、利用限度額の範囲であれば、現金がなくても買い物ができるのが、最大のメリットではないでしょうか。

外出していて、欲しかったものを見つけた!というとき、お財布にお金がないと買うことができませんが、カードがあれば買い逃すことがありません。

また、10万円の買い物を現金でするというのは、大金を持ち歩くのも不安ですし、今10万円というお金を用意するのも難しい場合もあると思います。

そんな時にクレジットカードを持っていれば、すぐに支払いが可能です。

2.買い物がスムーズにできて小銭も出ない

財布を出して、お金を出して、さらに小銭のお釣りとレシートを受け取って、という一連の流れが、面倒だなと思ったことはありませんか?

荷物が多い時などは、特にわずらわしいと思います。

しかし、クレジットカードなら、サッと取り出してカードを読み込ませるだけ!小銭も出ないので、支払いがスムーズなのです。

スーパーやコンビニのお買い物くらいでは、サインもいりませんので、支払いにかける時間がぐんと短縮できるでしょう。

3.支払い方法も柔軟に選べる

クレジットカードの支払い方法はいくつかあります。基本的には一回払いにしている人でも、大きな買い物をするときは、分割払いにするなど、柔軟に支払い方法を選ぶことができます。

支払い回数には、主にこのようなものがあります。

  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い(3回以上)
  • リボ払い
  • ボーナス1回払い
  • ボーナス2回払い

支払う時に支払い方法を聞かれると思いますので、何回で支払うかを答えます。分割払いでも、2回までなら手数料がかかりません。

また、支払い時は1回で、とお願いしたものの、そのあとに出費がかさんで、支払いがきついなということもあると思います。

そんな時は、後から分割払いやリボ払いに変更できるカードもあります。その時々のお財布状況に合わせて、支払い方法を柔軟に変えられるのも、クレジットカードの大きなメリットです。

4.ATM手数料の節約にもなる

お財布にお金がない!というとき、その都度お金を下ろしていたら、ATM手数料がバカになりません。

手数料がかからない時間帯に、自分の口座のある金融機関で下ろせればいいですが、いつもそれができるとは限りません。せっかくATMを見つけても、長蛇の列でうんざりするということもありますよね。

しかし、クレジットカードを持っていれば、現金をおろす必要がないので、今までかかっていた手数料を支払わずにすむのです。ATMがどこにあるか探したり、並んだりする時間も節約できます。

銀行にお金を預けても利子がつかない今、200円、300円という手数料の出費は大きな損失です。手数料分が貯金できる思えば嬉しいですね。

5.カードを利用してポイントを貯められる

クレジットカード最大のメリットは、このポイント付与ではないでしょうか。

ポイント還元率はカードによって違いますが、基本が0.5%~1%くらい、使い方によってはそれ以上の還元率になるカードもあります。

銀行の利子が0.001%という時代です。1000万円預けても、利子などゼロに等しいですね。しかもそこから税金を引かれるのですから、預金などには全く期待ができません。

それに比べて、クレジットカードなら、お金を使うことによってポイントがたまるのですから、こんなにありがたいことはないでしょう。実質キャッシュバックを得ているのと同じことです。

貯まったポイントの使い道も豊富で、支払いに当てることもできますし、他社のポイントに交換したり、マイルに交換したりすることができます。

ポイントの有効期限は3年程度のところが多いですが、セゾンカードのように永久不滅、ずっと貯められるカードもあります。

現金で買い物をしたら、ただお金を使うだけ。消費しているだけになってしまいますが、クレジットカードならたっぷりおまけがついてくるのです。

6.ネットショッピングはさらにお得なことが多い

実店舗でのお買い物のメリットも大きいですが、ネットショッピングですと、さらに便利です。

まず、ネットショッピングでの支払い方法にはいくつかありますが、クレジットカード決済が一番お得になるんです。

  • 代引き
  • 銀行振込
  • コンビニ後払い

などが一般的ですが、代引きにすると手数料がかかります。また、振込も振込手数料がかかると同時に、基本的には先に支払わないと商品が発送されません。

手数料も取られて、なおかつ発送も遅くなるというのは、お金も時間ももったいない気がします。コンビニ払いは払いに行くのが面倒なのと、支払い金額に上限がありますので、大きな買い物は難しいです。

その点クレジットカードなら、即時決済で手数料も取られません。

もう一つ、ネットショッピングでカードを利用した方がお得になる点があります。それは、ポイントが多くつくようになるということです。

ほとんどのクレジットカードが、独自のショッピングモールを持っているのですが、例えば楽天市場で買い物をしようとする時、そのモールを経由して楽天市場にアクセスしてお買い物をすることで、通常よりも多くのポイントがつくような仕組みになっています。

普通にネットショッピングをしてもポイントはつきますが、モールを経由することでさらに2倍、3倍のポイントになるのです。このメリットは、見逃せません。

7.公共料金など固定費の支払いもできる

クレジットカードが使えるのは、買い物の時だけではありません。

  • 水道やガスなどの光熱費
  • 税金
  • 各種保険料
  • 新聞代
  • インターネットプロバイダー料金
  • スマホ・携帯料金
  • NHK受信料

なども、支払うことができるのです。

これらは、毎月かかるお金なので、少なくとも数万円かかりますよね。

税金などは金額に応じて手数料がかかりますが、ポイント還元率の高いクレジットカードを使えば、ポイントをしっかり貯めていくことができます。

8.特約店、関連施設では割引などのサービスが受けられる

クレジットカード会社の系列の店舗で割引が受けられたり、加盟店でポイントがアップしたり、特定のお店で使うことによって、よりお得になるのがカードのメリットです。

例えば、イオンカードを持っていると、全国のイオン、マックスバリュなどの系列店で「お客さま感謝デー」があります。毎月20日、30日に、お買い物代金が5%割引になります。

他にも、カラオケの室料や旅行の代金が割引になるなどの特典がついています。

このように、たいていのカードには独自の割引サービスがありますので、事前に調べて、たっぷり使いたいものです。

9.飛行機に乗らなくてもマイルがたまる

ANAやJALなどの航空会社が発行しているクレジットカードを使うと、飛行機に乗らなくても、普段のお買い物でマイルを貯めることができます。

いわゆる陸マイラーの人たちは、このようなカードを駆使して、コツコツとマイルを貯め、お得に特典航空券を手にしているのですね。

買い物以外でも、公共料金など固定費をカードで支払うと、確実にマイルを積み上げていくことができますよ。

例えば、ANAのカードをつくると、航空券を購入した時だけでなく、日々のお買い物でもマイルが貯まります。加えて、新規入会時やカードの継続時にもマイルがプレゼントされるので、意外と早く航空券と交換できます。

10.利用明細で家計の管理が楽になる

クレジットカードの利用明細は、今や紙ではなくWEBが主流です。この明細書、何が便利かというと、データをそのまま家計簿として使えることです。

公共料金も、日々のお買い物も、お金を払うものはなるべくカード払いにすることで、使ったお金が一目でわかるようになります。

カード情報や銀行口座と連携させることのできる家計簿アプリもありますので、家計の管理も格段に楽になります。

11.スマホ決済と組み合わせて使える

クレジットカードが使えないお店は、いまだに結構あるのですが、消費税の還元事業もあり、スマホ決済なら取り入れているところが増えてきましたよね。

スマホ決済の支払い方法には、現金チャージなどもありますが、クレジットカードを持っているなら、これを登録しない手はありません。

スマホ一つで支払いができるというスムーズさに加え、クレジットカードのポイントもしっかり貯まります。

これなら、お財布さえ持たずに、スマホさえあれば買い物ができてしまいます。

12.交通系ICカードのオートチャージができる

もう一つ便利なキャッシュレス決済に、SuicaやPASMOといった交通系ICカードがあります。

クレジットカードと一体型になっているものを利用すると、オートチャージが利用できます。

その都度現金からチャージするのではなくて、自分で決めた額を下回った時には、クレジットカードから自動的にチャージができるのです。

この設定をしておけば、改札を通る時に、残高不足で止められてしまう心配もありません。

また、オートチャージによってクレジットカードのポイントを貯めることもできるので、現金でチャージしたらもったいないですよ。

13.ゲームの課金などにも利用できる

スマホアプリのゲームが好きな方は、ゲームを楽しんでいるうちに、アプリ内で課金をしたいなと思うこともありますよね。

そんな時も、クレジットカードがあれば便利です。

アプリ内で課金する方法としては、プリペイド式のギフトカードもありますが、コンビニなどに買いに行く必要があります。今すぐ使いたいのに、という時には少し不便でしょう。

その点、クレジットカードがあれば、その場ですぐに課金に使えますし、もちろんポイントだって貯まります。

14.海外では身分証代わりにもなる

日本では、クレジットカードというと「お金を払うもの」ですが、海外では身分証代わりになるものです。

クレジットカードを作るには、身元がしっかりしているかどうかの審査がありますし、当然ですが、支払い能力があると判断された人にしか、カードは発行されません。

ですから、海外ではクレジットカードを見せることによって、身分を証明することにもなるのです。

特に、ホテルに宿泊する際には、保証金がわりにクレジットカードの提出を求められることも。宿泊費を払わずに、逃げ出すことを防止するためです。

カードがないと、大きな額の保証金を支払うようにいわれることもありますので、海外に行く際は、カードが必須。確かな社会的信用を得ている人間であるということを証明するためにも、カードは持っていきましょう。

15.海外でも買い物が簡単になる

海外でクレジットカードが必須なのは、身分を証明するためだけではありません。

日本と違って、大金を持ち歩くのは危険ですので、買い物をするならクレジットカードを使う方が安全です。

チップなど、最低限必要な小銭を持っていれば、あとはクレジットカードを使った方が、盗難に遭うリスクも減らせるでしょう。

16.困った時にはキャッシングもできる

クレジットカードには、ショッピング枠の他に、キャッシング枠というものがついています。

急に現金が必要になった時に、日本はもとより、海外でもキャッシングができます。

旅行中に現地通貨を手に入れたいと思った時、両替をするよりも手数料が安く、銀行のATMなどでキャッシングができますので、とても便利です。

ただし、キャッシングは一時的とはいえ借金ですので、帰国したら早めに返済することを心がけておいてください。

17.そのカードならではの魅力的な特典がいっぱい

お得なのはポイントがつくことだけではありません。クレジットカードには、そのカード会社ごとに、魅力的な特典がたくさん用意されています。

  • 海外アシスタンスデスクの利用
  • 会員限定のチケット優待
  • 海外用wi-fiやルーターのレンタル割引
  • 格安の保険料でお得に保険に加入できる
  • 海外旅行時の荷物の宅配

など、様々な特典が受けられます。

これらの特典は、カードのランクが高くなるほど充実してきますが、自分がどのような特典を必要としているのかをよく考えて、カードを選ぶと良いでしょう。

18.ランクの高いカードは空港ラウンジ無料など旅行関係が充実

ランクの高いカードは特典が充実しているとお話ししましたが、特に海外旅行に関する特典が素晴らしいです。

空港ラウンジの利用が無料になることが多く、旅に出る前の慌ただしいひと時も、ゆったりと過ごせるでしょう。

ソフトドリンクを飲めますし、軽食が出るところもありますが、普通に利用すると1,000~3,000円くらいしますので、海外に行く機会の多い人は、この特典だけでも年会費の元が取れそうです。

JCBカードは、海外にあるJCBラウンジやJCBプラザも無料で利用できて、旅先で困った時でも、気軽に相談に乗ってもらえますので、助かりますね。

19.不正利用や盗難時も安心の保険

クレジットカードで一番怖いのは、なくしてしまったらどうしようか?ということではないでしょうか。

今は、決済時に暗証番号を入れる方法が主流ですが、暗証番号を忘れたので、サインでお願いします、ということも可能です。

そんな時、カードの裏面にあるサインと似たようなサインを書かれてしまったら、お店側もそれを見破るのは難しいでしょう。

しかし、安心してください。クレジットカードには盗まれたり、不正利用されたときの補償がついています。

補償期間はカードによって違いますが、60~90日くらい前に遡って、被害を補償してくれます。利用者に落ち度がなければ、限度額の範囲で全額補償してもらえます。

お財布は盗まれたら帰ってこないですが、カードならなくなってもその分の補償はちゃんとされますので、万が一の時にも安心なのです。

20.高額な補償!付帯保険も充実

クレジットカードには、旅行中の怪我や病気を補償してくれる保険がついているものもあります。

年会費無料の場合は、利用付帯といって、旅行代金をカードで支払うことが条件になっているものも多いですが、それでも1,000万円以上の高額補償が付いています。

この補償額は、年会費が高くなるほど充実してきますし、ランクの高いカードは利用付帯ではなく、カードを持っているだけで保険に加入できる自動付帯であることが多いです。

海外で病院にかかると、多額の費用がかかります。数日入院しただけでも、治療費と合わせて数百万円を超えることも。

海外に行くなら、保険の加入は必須なのですが、クレジットカードを持っていれば自動的に高額補償が付いてきますので、安心ですね。

また、国内旅行も補償されるか、海外旅行のみか、という違いもあり、年会費が無料のカードは、海外旅行の補償のみというケースが多いため、国内で出張の機会がよくあるという人は、年会費を払ってでも海外・国内、両方補償してくれるカードの方がおすすめです。

また、ショッピングに関する保険もついています。

補償額は100万~300万円くらい、自己負担額は3,000円~10,000円程度です。万が一、買ったものが破損したり盗まれたりした時には、この限度額の範囲内で、全額補償してもらえます。

21.クレジットヒストリーを積んでいける

クレジットカードを作るには審査がありますし、審査を通過した後も、途上与信といって、折に触れて審査がされているのです。

その中で、定期的にカードを利用しながら一度も滞納することなく、しっかりと返済している人に関しては、良いクレジットヒストリー(信用情報)が積み重なっているので、個人の信用度が増すというメリットもあります。

今後、車を購入したり、住宅ローンを組んだりする時に、その積み上げてきたクレジットヒストリーがきっと役に立ちます。

また、ランクの高いカードを作りたいという時にも、経済力があり、信用のおける人物であるという証明になるでしょう。

使いすぎが心配?クレジットカードのデメリット

これだけメリットがあるクレジットカードですが、少し気をつけてほしい点もあります。

カードを使う上で困ったことにならないように、デメリットについても、しっかり理解しておきましょう。

うっかり使いすぎて残高不足の危険

手持ちの現金がなくても買い物ができるのは、クレジットカードのメリットなのですが、お金を使っているという感覚が薄くなり、つい使いすぎてしまうこともあります。

支払日に引き落としができないというのは最も避けたいことなので、それだけは気をつけましょう。

家計簿アプリを使って、支払額を管理したり、WEB明細を使うたびにチェックしたりして、次回の引き落としがどのくらいなのかを常に把握するようにしてください。

手数料が発生するリボ払い、分割払い

支払い回数を自由に設定できるのは、支払いを先延ばしにできるというメリットなのですが、支払い回数が増えるほど、元本にプラスして支払う手数料も増えるのです。

一回払いにしていれば50,000円で済んだものを、リボ払いにしたために返済がトータルで52,000円になったとしたら、その分無駄なお金を払ったことになりますよね。

出来るだけ一回払い、もしくは二回払いにして、なるべく手数料を支払わないようにする工夫も必要です。

キャッシングの金利も高い

急な出費で現金が欲しいという時に便利なキャッシングですが、こちらも手数料が発生します。最大で、2割近い金利になりますので、できるだけ利用しない方が良いでしょう。

もしどうしても利用する時には、返済日を待たずに、なるべく早く返済するようにした方がいいので、計画的に利用するようにしてください。

年会費が高いカードもある

初めてクレジットカードを作るときは、年会費無料のものをおすすめします。

しかし、特典を考えると少しランクの高いカードの方がいいかな?と、年会費のかかるカードを作る人もいます。

しっかり使っていけば、年会費の元が取れるくらいの特典はついているのですが、実際使ってみたら、あまり特典を利用しなかった、というケースもあります。

カードを作るときは、本当に必要な特典なのかをよく吟味して、年会費とのバランスを考えることが大切です。

年会費のかかるカードを作ってみたけれど、結局普段の買い物くらいにしか使わなかったし、ポイントもあまり貯められなかった、と後悔することのないようにしましょう。

限度額に達すると使えない

クレジットカードには、利用限度額が設定されています。これは、カードのランクとその人の年収等によって決まってきます。

クレジットカードは打ち出の小槌ではないので、利用限度額に達すると使えなくなってしまいます。

限度額に達したカードは、支払いが済むまで利用停止になってしまいますので、あとどのくらい使えるのかということを考えて、計画的に利用しましょう。

スキミングなど不正使用の心配

クレジットカードをお店で使う時に、人に手渡すのは少し不安ですよね。

カードの情報を抜き取られたり、カードそのものが盗まれたりするリスクはゼロではありません。

ですから、利用明細などはなるべくこまめにチェックして、使った覚えのない記録があったら、すぐにカード会社に連絡することです。

確かに不正使用の不安はあるのですが、だからこそクレジットカードには不正利用や盗難に関する保険がついているのです。

利用者本人に落ち度がない場合には、仮に不正利用されてもその分は補償されますので、安心してください。

個人情報の漏洩が不安

不正利用も心配ですが、インターネットでお買い物をする時に、氏名などの個人情報が漏洩してしまうのでは?と心配になりますよね。

なるべく、セキュリティのしっかりしたサイトで買い物をするのが基本ですが、それでもどこでもれるかわからないという不安があると思います。
これも、基本的には補償されるので、安心してください。

ショッピングサイトに登録した情報が漏洩したせいで、個人情報を悪用されて、カードの不正利用などをされた場合には、被害届を出し、カード会社に連絡することで補償してもらえます。

ただし、カードの暗証番号が生年月日で簡単に類推できるものであったなど、利用者側にも落ち度があったとされると、補償されないことがあります。

手持ちのカードの補償条件をよく確認しておくことが大切です。

クレジットカードの性質を理解して使えば大丈夫!

クレジットカードには、メリットもデメリットもありますが、メリットの方が断然多いということが、お分りいただけたと思います。

デメリットも確かにありますが、しっかりと理解して、対処法を知っておけば何の問題もありません。

どうやって使えば間違いがないか、カードはどのようにして選べばいいのかについても、知っておきましょう。

自分にあったカードを選ぶことが大事

基本的には年会費無料のクレジットカードをおすすめします。年会費が無料でもポイントがつくカードがほとんどですし、旅行の傷害保険が付帯しているものもあります。

最初は、自分がよく使うお店が発行しているカードを作ると、ポイントも貯めやすく、使いやすいかもしれません。

求める特典によって、その後ランクの高いカードを検討していけば良いでしょう。

例えば、旅行にあまり行かない人が、「空港ラウンジ無料」という特典がついていても、あまり意味はないので、そのカードの特典が自分に必要なのかどうかを考えて作ると、失敗しないです。

WEB明細書を利用して計画的に使おう

クレジットカードが怖い、デメリットが大きいと感じる人は、やはり使いすぎが不安だと思います。

しかし今は紙の明細書ではなく、WEB明細が主流です。使ってすぐに、スマホでもパソコンでも確認することができるので、お財布と相談しながら使うことができますよ。

今月の予算を考えながら、WEB明細書を上手に利用して使いすぎを防げば、クレジットカードは怖いものではありません。

クレジットカードは現金払いよりも断然お得!1枚は持っておくべき

JCBの調査によると、日本人のクレジットカード保有枚数は、平均して1人3.2枚だそうです。8割以上の方がクレジットカードを持っているということですから、キャッシュレス決済の主流であることは間違いありません。

今回ご紹介したように、クレジットカードは現金払いよりもメリットが大きいものです。銀行の利子以上のポイントがつきますし、各種割引なども受けられるので、現金払いをわざわざ選択する理由もないように思います。

年会費無料のお得なカードもたくさんありますので、この機会に、ぜひクレジットカードを作ることを検討してみてください。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア
PAGETOP
pagetop