審査の間口が広いクレジットカードをご紹介&審査のコツを一挙に公開

キャッシュレス化が遅れていると言われる日本でも、近頃はクレジットカードがなければ不便だと思うことがよくあります。

そこで新しくクレジットカードを作ろうと思い立った時、気になるのが「審査」ですよね。クレジットカードの審査に落ちる原因は、実は選択ミスが多いってご存知でしたか?

これから審査の間口が広いクレジットカードの選び方と、審査に通りやすくなるコツをご紹介します。無事カードを手に入れたい方は、ぜひご一読ください。

クレジットカードの審査基準とは?発行までの流れと4つのチェック項目

将来確実にクレジットカードを手にするためには、審査では何をするのかを知っておく必要があります。

通常のクレジットカード審査には4種類のチェック項目がありますので、それについて順番に解説しながら、審査のコツや注意点を見ていくことにしましょう。

申込みからカード発行までは通常1~2週間

クレジットカードを申し込んでから実際にカードを受け取るまでには、普通は1週間から2週間程度を要します。

なぜこんなに時間がかかるのかというと、カード会社はまず申込書を元に審査を行ってからカード発行の手続きに取り掛かるからです。

申込書はすぐに送信できますが、実はその後にこれだけの手順が待っています。

  • ①申込書を提出する
  • ②審査
  • ③カード発行、郵送へ
  • ④カードを受け取る

どなたも④までの流れを経て、ようやくクレジットカードを手にすることができるんですね。

問題があれば審査が長引く

もしも審査中に何か問題が見つかれば、さらに時間がかかってしまいます。例えば以下のようなケースです。

  • 申込書に不備がある
  • 本人確認書類に不備がある
  • 詳しい調査が必要になった

最短即日発行に対応しているカード会社もありますが、それが可能となるのは審査にこれといった問題がなく、スムーズにカードを発行できる場合に限られます。

提出されたものに不備があったり、更に調査が必要だということになれば、審査時間はもっと長引くでしょう。

しかしどんなにスムーズな審査であろうと、クレジットカードを申し込んだら誰でも必ず以下の4種類のチェックを受けねばなりません。

①属性のチェック

第一は属性のチェックです。「属性」とはズバリ申込者の評価を意味しています。

カード会社は申込書を元に以下のような項目に点数をつけて(スコアリング)、その方の金融取引における信用度を評価するのです。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業、就業形態
  • 年収
  • 居住形態、居住年数
  • 勤務先、勤続年数
  • 同居家族

申込書は機械的に処理され、項目別にスコアがつけられていきます。例えばアルバイトの方よりも正社員の方が、また勤続年数や居住年数は短い方よりも長い方のがスコアは高くなります。

ただしスコアリングは総合判断ですので、一つのスコアが低いからといって悲観する必要は全くありません。

例えば年収が少ない方でも、同居するご家族や資産状況など他の要素でスコアを稼げぐことができるからです。その証拠に、専業主婦・学生・年金生活者のクレジットホルダーは大勢います。

②信用情報のチェック

ただし信用情報上にネガティブな記録を持っている方の場合は、審査に通る可能性が低くなります。

「信用情報」とは金融取引に関する個人情報のことで、クレジットカードの審査には欠かせないものです。信用情報機関には以下のような金融取引に関わる全データが保管されていて、審査では必ずこの情報をチェックします。

  • クレジットカード
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • カードローン
  • 銀行からの借り入れ

契約状況、返済状況といった基本的な情報から、強制解約、延滞、債務整理、自己破産などネガティブな情報も、信用情報をチェックすればすべてが明らかになってしまいます。

中でも2ヶ月を超える延滞・債務整理・自己破産の経歴は「ブラック」と呼ばれ、審査落ちの決定的な要因となります。

このような情報は審査ではとても重要視されますので、信用情報は全カード会社はもちろんのこと、異なる業種間にも共有されています。

ですから銀行や消費者金融で起こした延滞もクレジットカードの審査に影響しますし、またその逆もあります。

ブラックの記録は5年~10年間も信用情報に残るので、一度こうなってしまうと、後はひたすら記録が消えるのを待つしかないのです。

③借り入れ額や借り入れ件数のチェック

カード会社が信用情報を調べれば、その方の他社における借り入れ額や借り入れ件数も分かります。

どのカード会社もここをしっかりチェックしますが、これは法律(貸金業法)で個人に貸してもいい金額の上限が定められていて、クレジットカードにおいては「キャッシング枠」が貸金業法の対象です。

このためクレジットカードの申し込み時にキャッシング枠を希望すると、審査に通りにくくなったり審査が長引いたりします。

クレジットカードの「ショッピング枠」は貸金業法とは無関係ですが、リボ・分割・ボーナス払いの利用額(未払い残高)が多いと、審査に通っても限度額が低くなる可能性はあります。

④本人確認書類のチェック

運転免許証や健康保険証といった本人確認書類のチェックも、クレジットカードの審査には欠かすことのできないものです。

本人確認書類の提出方法は以下のようにカード会社によって様々ですが、どの場合もちゃんと確認ができないとカードを受け取ることができません。

  • 画像をアップロード
  • コピーを郵送
  • カードの受取り時に提示

指定された期限内に提出することはもちろんですが、画像やコピーが鮮明であること・必要部分が欠けていないことが重要ポイントです。

なおオンラインで申込む場合は、クレジットカードの申込書を送信した後に、引き続きインターネットで引き落とし口座を設定することによって、本人確認書類と口座申込書類の提出を省略することが可能です。

この手続きに対応するインターネットバンキングの口座を持っていると、よりスピーディーにカードを手にすることができますよ。

審査の間口が広いクレジットカードの特徴!賢い見分け方のコツ

しかしどんなに工夫したところで、通常よりもハードルの高いクレジットカードを選んでしまうと、審査に通る可能性は一気にダウンしてしまいます。

数あるクレジットカードの中には特に審査の間口が広いと言われるグループが存在しますから、審査が不安はその中から選んだ方が無難です。

年会費無料が狙い目

しかしクレジットカードは沢山の種類がありますので、どのカードの審査の間口が広いのかサッパリ見当がつかないですよね。

そこで誰にでも出来る簡単な見分け方をお教えしましょう。ポイントは年会費の金額です。年会費が無料のクレジットカードは、比較的審査の間口が広いのです。

確実に審査に通りたいのなら「年に1度でもカードを使えば無料」といった条件つきのカードではなく、ぜひ完全無料のものを選んで申し込んでください。

基本的に年会費の金額が高ければ高いほど、それに見合った信用が必要とされますから、クレジットカードの審査基準はより厳しくなります。

消費者金融系カードは審査の間口が広い

また申込先のカード会社の種類も、審査基準には大いに関係します。以下はクレジットカードの発行元企業を分類したものですが、上へ行くほど審査が厳しくなる傾向があります。

  • 銀行系
  • 信販系
  • 石油系
  • 航空系
  • 流通系
  • 消費者金融系

消費者金融系のクレジットカードは、企業が与信に自信がある分審査ハードルが低く、審査の通りやすさには定評があります。

流通系カードも審査の間口が広い

小売業者が発行する流通系カードも狙い目です。それというのも以下のような所で発行される流通系カードは、そもそも顧客拡大を目的に作られているからです。
  • ECサイト、通販
  • スーパー
  • コンビニ
  • 総合商業施設

流通系カードは審査の間口が広いだけでなく、入会キャンペーン、ポイント還元、割引などの特典が多く、誰もが得できるクレジットカードとしてもおすすめです。

流通系のクレジットカードは種類が豊富ですから、どなたも自分のライフスタイルにピッタリのカードを見つけることができるでしょう。

外資系クレジットカードは審査の間口が広い?

意外に思われるかもしれませんが、実は外資系のクレジットカードも審査の間口が広いと言われています。

特にアメリカン・エキスプレス・カードは、一時よりも入会条件の年齢や年収のハードルが下げられたこともあって、審査に通りやすくなったという実感を持つ方が多いようです。

ただしこれはあくまでもアメックス内の比較であって、他社との比較ではありません。ただしアメックスは外資系企業として独自の審査基準を持っており、国内企業と比べると以下のような傾向が見られます。

  • クレジットヒストリーをあまり重視しない
  • 年収の高さや資産状況が審査結果を左右する
  • 起業直後の経営者にも与信する

ですから特定の方にとっては、アメックスの審査の間口が広いという判断もあながち間違いではありません。

審査の間口が広いクレジットカード!確実に手に入れたい方におすすめの4枚

では審査の間口が広いクレジットカードにはどんなものがあるのか、実際にご紹介していきたいと思います。

最短即日発行!ACマスターカード

発行スピードで選ぶなら「ACマスターカード」がおすすめです。このカードは消費者金融系のカードですから審査のハードルが低く、インターネットで申し込めば審査時間はなんと最短30分!

自動契約機(むじんくん)は土日祝日も営業、夜21時まで営業していますので、最短でその日のうちに自動契約機でカードを受け取れます。

年会費は完全無料で、利用金額の0.25%を自動でキャッシュバックしてくれる特典が付帯します。

ACマスターカード

年会費 完全無料
スペック ・自動的にリボ払いになる
・カードローン機能つき
・請求額の0.25%自動キャッシュバック

誕生月はポイント3倍!ライフカード

消費者金融アイフルの子会社から発行されているライフカードも、消費者金融系のクレジットカードですから比較的審査の間口が広いカードです。

ライフカードは年会費完全無料で、初年度や誕生月のポイント倍率が高くなったり、ステージ制のポイントプログラムでポイントが貯めやすいお得なクレジットカードです。

ライフカード

年会費 完全無料
スペック ・初年度ポイント1.5倍(還元率0.75%)
・誕生月ポイント3倍(還元率1.5%)
・会員向けショッピングサイト「L-Mall」ポイント最大25倍
・ステージ制ポイントプログラムで最大2倍

過去の履歴より年収や資産重視!アメックス・グリーン・カード

アメックスは外資系独自の審査基準を持っていて、過去の履歴よりも現在の状況重視の審査が行われます。

日本のカード会社よりもクレジットヒストリーを重視しない為、他社の審査に落ちてしまった方でも審査に通る可能性があります。

以下のように国内カード会社において不利な属性にも、アメックスなら柔軟に対応してくれます。

  • 良好なクレジットヒストリーがない
  • 勤続年数が少ない
  • 転職した直後
  • 起業した直後

また年収額の高さや資産が評価される傾向が高い為、年収に自信のある方はアメックスがおすすめです。

特にビジネスを始めたばかりの経営者や事業主の方には、アメックスは審査の間口が広いクレジットカードとしておすすめです。

ただしこの場合はビジネスカード(法人・個人事業主向け)を選んでください。アメックス・グリーン・カードの年会費は高額ですが、その特典内容は通常のゴールド以上のレベルです。

特にトラベルサービスの質が高く、旅行や出張の多い方にとっては年会費以上の価値ある1枚になるでしょう。

アメックス・グリーン・カード

年会費 13,200円(税込)
スペック ・タッチ決済対応
・最高5,000万円の海外旅行保険付帯(利用付帯)
・最高5,000万円の国内旅行保険付帯(利用付帯)
・空港ラウンジサービス
・プライオリティパスの年会費無料
・手荷物無料宅配サービスなど充実した空港サービス
・24時間体制の海外グローバルサポート
・ショッピングプロテクション
・リターンプロテクション

流通系カードで間口が広い!イオンカードセレクト

流通系カードとして審査の間口が広いのが「イオンカードセレクト」です。日常のお買いものがお得になるカードで、イオングループをよく利用する方には一押しのクレジットカードです。

このカードはイオン銀行のキャッシュカード・電子マネーWAONと一体型で、それぞれの優待が使える点も大変お得です。

毎月20日・30日は全国のイオンマックスバリュなどの各店舗で5%で利用できたり、イオンシネマを割引価格で利用できるなど、お得な特典も満載です。

またイオンカードセレクトは、電子マネーWAONへのチャージ(口座オートチャージ)でポイントが貯まる唯一のクレジットカードですから、WAONを利用する方にもおすすめです。

イオンカード

年会費 完全無料
スペック ・電子マネーWAON、キャッシュカード一体型
・WAONオートチャージでポイントが貯まる
・イオングループの対象店舗は常にときめきポイント2倍
・毎月20・30日の「お客さま感謝デー」 5%OFF
・毎月15日G.G感謝デー(55歳以上、要登録)5%OFF
・イオン銀行優待
・ゴールドカードへの招待あり

クレジットカード審査を通りやすくする!意外と知られていない3つの秘訣

クレジットカードの審査を通りやすくするコツは、審査の知識を持つことと、カードの種類を選ぶことが重要だということが分かりました。

最後にどのクレジットカードにも共通する審査の秘訣を3つまとめましたので、ぜひ頭に入れておいてください。

①キャッシング枠を付けない

先にご説明しましたが、申し込み時にキャッシング枠をつけない方が、クレジットカードの審査はスムーズです。

カードの申込書にキャッシング利用枠の項目があったら、「0円」を選択しましょう。

クレジットカードの申込書を作っていると、「ついでだから」と思わずキャッシング枠を設定したくなりますが、この思いつきが審査の足を引っ張ります。キャッシングを使いたい時は、審査に通った後、カードをしばらく使ってから申し込んでください。

②一度に何枚も申し込まない

また「滑り止めに」と考えて、一度に何枚ものクレジットカードを申し込むのも逆効果です。

通常1ヶ月に4枚以上カードを申し込むと、信用情報上で「多重申込み」「申込ブラック」と呼ばれる状態になり、審査の通過が難しくなります。

カードを申し込んだ記録は、審査の当落に関わらず、信用情報機関に6ヶ月間も残ります。ですから焦って申込みを続ければ、延々この状態から抜け出すことができません。

ですから万が一クレジットカードの審査に落ちてしまっても焦りは禁物です。次の申込みまでには、少なくとも1週間程度は空けるようにしましょう。この落ち着きが、審査に通りやすい状況を作ります。

③カード会社に嘘をつかない

年収が少ない・正社員ではないなど、自分の属性に自信が持てない方もいらっしゃるかもしれません。しかし申込書では、正直な申告が必ず良い結果につながります。

カード会社に嘘をつくことほど、あなたの信用を損なうことはないからです。

クレジットカード審査のスコアリングは総合判断ですから、嘘が通ったところで審査に良く働くとは限らず、むしろバレて会員資格を取り消されるリスクの方が深刻です。

どのような嘘の申告も、自分の信用を下げる結果になるだけで何もいいことはありません。

在籍確認の電話がかかってくる場合もある

またクレジットカードを申し込むと、すべての場合ではないですが、勤務先にカード会社から在籍確認の電話がかかってくる場合があります。

これは申込者がそこに勤めていることを確認するための慣例で、必ずしも本人が電話に出る必要はありません。この手続きは省略されることも多く、かかってきたとしても知らない間に無事済んでいます。ですから在籍確認については、準備や対策は不要です。

しかし申込書で勤務先を偽ったり、適当な電話番号を申告したりすれば、この電話でバレる可能性があります。しかも職業を偽ることは悪質ですから、即審査に落ちてもおかしくありません。

どんな職種の方でもクレジットカードを持てますし、下手な小細工は自分の首を絞めるだけ。クレジットカードの審査においては、どんなに不利に思えることも、正直に申告する方が絶対良い結果につながります。

審査の間口が広いクレジットカードは種類が豊富!様々なタイプを選べます

今回はクレジットカード審査のコツと、審査の間口が広いクレジットカードをご紹介しました。一言に審査の間口が広いと言っても、即発行できるタイプやレベルの高いものなど、様々なタイプのカードが存在します。

つまり審査に自信がなくても、申し込めるカードが少ないかというとそうではなく、実際にはとても選択肢が広いんですね。

今回ご紹介した審査の秘訣はどのクレジットカードにも応用できますので、ぜひ好みの1枚にトライしてみてください。きっと良い結果が得られますよ。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア
PAGETOP
pagetop