JCBビジネスプラス法人カードは交通費と出張費の割合が多い会社におすすめ

クレジットカードには、個人向けと法人向けのものがあることをご存知ですか?一般的なクレジットカードは家計費に使われますが、法人カードは事業決済専用です。

今回ご紹介するJCBビジネスプラス法人カードは、きっとあなたのビジネスに様々なメリットをもたらしてくれるでしょう。

法人カードは個人向けカードとはどう違うのか、なぜ事業決済にこのカードが必要なのか、これからJCBビジネスプラス法人カードの使い方を詳しくご説明していきます。

JCBビジネスプラス法人カードの魅力!実戦に役立つメリットが豊富

注目ポイント
  • 事務処理を軽減できる
  • 無料でETCカードを複数枚発行できる
  • 交通費と出張費が最大3%キャッシュバック
  • ビジネスに役立つ特典が豊富

私用と経費をごっちゃにすると、クレジットカードでは後々不具合を起こす可能性がありますので、事業用の決済は法人クレジットカードを活用しましょう。

これからJCBビジネスプラス法人カードについて詳しく解説しますので、経営者や事業主の方はぜひ最後まで目を通してくださいね。

JCBビジネスプラス法人カードをおすすめする5つのメリット

ビジネスを始めたら、経費と名がつくものは是非JCBビジネスプラス法人カードで決済しましょう。事業決済には、現金や個人向けカードを使わない方がいいですよ。

それには全部で5つの理由があります。以下の解説を読んで、ぜひあなたもビジネス専用にJCBビジネスプラス法人カードを使い分けてください。

1. 経費決済が常にスムーズ

まず第一に、JCBビジネスプラス法人カードなら、キャッシュが手元になくても常にスムーズに事業費を決済できます。

JCBビジネスプラス法人カード(一般カード)は、審査によって※10万円~100万円の範囲内で利用上限が決まります。利用実績が増えれば限度額も上がっていきますから、カードを使えば使うほど利用できる金額が増えていくのです。

※ゴールドカードは50万~250万円の範囲

ここまでは個人カードでも同様ですが、実は個人向けカードをビジネスに使っていると、限度額にかかわらず、突然決済ができなくなる可能性があります。これは「不正使用検知システム」によるものです。

【不正使用検知システムとは?】

  • クレジットカードの不正使用を未然に防ぐシステム
  • 24時間365日モニタリングを実施
  • 不審な決済は留保される(カードが一時的に止まる

個人向けカードの場合、日常生活とは異なるパターン(高額利用や海外利用など)が検知されると、不正使用を疑われて一時的にカードが止まってしまうのです。

その結果高額決済ができなかったり、海外との取引でカードが使えなければ、大切な信用やチャンスを失うかもしれません。

しかしJCBビジネスプラス法人カードは事業利用が前提ですので、大事な取引でカードが止まる心配がありません。心置きなく仕事をしたいなら、やっぱり法人カードに入会するべきなんですね。

2. 帳簿の整理が効率化できる

第二のメリットは、帳簿の整理に手間がかからないことです。クレジットカードで決済すれば、必ず利用明細として日付・利用先・金額の記録が残ることはどなたもご存知でしょう。

ではプライベートには個人カード、ビジネスには法人カードを使い分ければ、法人カードの利用明細書には経費のみが記載され、これがそのまま帳簿に使えるのです。

後は法人カードの明細書をダウンロードして、会計ソフトに読み込むだけ。これで帳簿が作成できるんですから簡単ですよね。

もしも個人カードをビジネスにも流用すれば、後で明細書からプライベート利用分を分けなくてはならないでしょう。JCBビジネスプラス法人クレジットカードを導入すれば、このように煩雑な手作業は必要ありません。

3. 事務作業を削減できる

会社経営者の方は、JCBビジネスプラス法人カードで従業員カードを追加発行することで、さらに事務作業を軽減できます。

例えば以下の経費を従業員カードで決済すれば、費用を立て替える必要がなく、後日請求する手間も省けます。

  • 交通費
  • 出張旅費
  • ガソリン代
  • ETC料金

結果として事務作業もずいぶん軽減されます。また、従業員カードの利用履歴はカード番号別に記載されますから、経営者は誰がいつどれだけ使ったのか、常に正確に把握することができます。

4. キャッシュフローに余裕が生じる

「現金決済こそ確実だ」という考え方もありますが、ビジネスにはカード決済の方が、より確実で便利なんですね。さらに法人カードには、「支払猶予」という利点もあります。

この利点はクレジットカードの仕組みと関係しています。以下のクレジットカードの利用と支払いのサイクルを見れば、手元にキャッシュのない状態でも決済できることが分かるでしょう。

  • ①利用期間(締め日~翌月の締め日):カードを使う
  • ②締め日:利用期間の区切りの日。カード利用額が確定する
  • ③支払日:口座から引き落とされる日 → この日までに入金すればOK
つまり法人カードを導入すれば、月一度の支払日までにキャッシュを準備すれば間に合うんですね。それ以外の期間中は、たとえ口座残高が不足していても問題なくカードが使えます。

以下はJCBカードのサイクルです。JCBビジネスプラス法人カードでは、毎月10日に間に合うよう口座に入金すればいいということになります。

利用期間(締め日~締め日) 支払い額確定日 支払日
16日~翌月15日 24日前後 10日

5. 法人名義の口座を登録できる

個人向けクレジットカードの場合、引き落とし用の口座は個人名義に限られます。事業に使うカードに、個人名義の口座しか登録できないのはちょっと不便ですよね。

しかし法人カードなら、法人名義の口座や屋号付き口座を登録することが可能です。

個人事業主は本人確認書類のみで申し込める

JCBビジネスプラス法人カードは、審査に通った後に郵送での手続きが続くため、①から⑥までに2週間~3週間程度を要します。

① インターネットで入会申し込み
②審査結果がメールで届く
③「JCB法人カード入会申込書(自署・捺印届)」が郵送で届く
④ 入会申込書+本人確認書類+登記事項証明書(※法人のみ)を返送
⑤ 契約確認書類が届く
⑥ 契約確認書類受け取り確認後、カード発行

個人事業主の方は本人確認書類のコピーのみで申し込めますが、会社経営者の場合は登記事項証明書(現在事項全部証明書か履歴事項全部証明書のどちらか1点、発行日から6ヵ月以内の原本もしくはコピー)が必要となります。

JCBビジネスプラス法人カードのキャッシュバック率

一般的に法人カードは、個人向けカードほどポイントは貯まりませんし、中には還元のない法人カードもあります。しかしJCBビジネスプラス法人カードの場合、その還元率はなんと最大で3%です。

ただしこれには条件がありますから、これからJCBビジネスプラス法人カードで最高還元率を実現する方法について詳しくご説明しましょう。

JCBビジネスプラス法人カードはキャッシュバック制

JCBビジネスプラス法人カードは自動キャッシュバック制ですので、ポイントを貯めたり交換したりといった手続きは一切必要ありません。

キャッシュバック率は変動制で、毎月のカード利用額によって0%~3%までのいずれかに決まります。つまりJCBビジネスプラス法人カードで決済すればするほど、還元率は高くなります。

その月の利用額が確定し、キャッシュバック率が決まれば、翌月分の交通費・出張旅費に対してキャッシュバックが適用されます。仕組みが少し複雑ですので、以下段階を追ってご説明しましょう。

【STEP1】月に合計5万円以上カードを使う

キャッシュバックが実施されるためには、少なくとも月に合計5万円以上カードを使わなくてはなりません。

キャッシュバック率が以下のように月間カード利用額によって決まり、利用額が5万円未満だとキャッシュバック率は0%だからです。

月間カード利用合計額 キャッシュバック率
5万円未満 0%
5万円以上~20万円未満 0.5%
20万円以上~40万円未満 1.0%
40万円以上~60万円未満 1.5%
60万円以上~80万円未満 2.0%
80万円以上~100万円未満 2.5%
100万円以上 3.0%

カード利用額が多かった月の翌月はキャッシュバック率が高くなり、反対に利用額が少なければキャッシュバック率も低くなります。

カード決済額が40万円以上ならキャッシュバック率は1.5%になりますから、一般的なカードの還元率と比べてもかなり高めですよね。

さらに60万円以上、80万円以上、100万円以上と利用額が増えるに従って、他にはない高還元が実現します。

【STEP2】翌月の交通費・出張旅費がキャッシュバックの対象

ただしキャッシュバックの対象となるのは、翌月の交通費・出張旅費に限られます。ですから、いくら高いキャッシュバック率が決定したところで、翌月の交通費や出張旅費が0円ならば、キャッシュバック額も0円なのです。

つまりJCBビジネスプラス法人カードの還元を受けるには、毎月少しずつでも交通費や出張旅費を計上する必要があるんですね。

以下がこのカードでキャッシュバック対象となる交通費と出張旅費の内訳です。

  • JR
  • 高速道路料金(ETCカード料金)
  • ガソリン代
  • タクシー
  • レンタカー
  • 航空券
  • 宿泊料
  • 旅行代理店

この様な交通費や出張旅費の割合が多い会社ほど、JCBビジネスプラス法人カードの特典が活かされます。

Suicaなど交通系電子マネーへのチャージ代金や、JR東海エクスプレス予約利用分も対象外となりますので、注意しましょう。

【STEP3】翌々月にキャッシュバックされる

さてキャッシュバック率が決まり、翌月の交通費・出張旅費の合計金額が確定すれば、ようやくキャッシュバックが実行されます。

以下の例をご覧ください。1月のカード利用額が70万円で、2月の交通費・出張旅費の合計が30万円だった場合、キャッシュバック額は6,000円と算出され、翌々月の3月に指定口座に入金されます。

  • 1月:カード利用額=70万円 → キャッシュバック率は2%
  • 2月:交通費・出張旅費=30万円 → キャッシュバック対象は30万円
  • 3月:2% × 30万円 → 6,000円がキャッシュバック

なおキャッシュバックの対象となる交通費・出張旅費の合計金額は、上限が50万円までと決まっています。ということはキャッシュバックされる最高額は、月に15,000円(50万円 × 3%)が限界だということになりますね。

JCBビジネスプラス法人カードの利用に対する還元は、このキャッシュバックのみです。このカードを使っても、一般的なカードのようなポイント還元はありません。

JCBビジネスプラス法人カードのビジネス特典!ゴールドとも比較

JCBビジネスプラス法人カードには、実戦に役立つ様々な特典がついてきます。無料のサービスや割安なサービスを積極的に活用して、ぜひビジネスの質を向上させましょう。

合わせてワンランク上のゴールドの特典もご紹介しますので、グレードの高いサービスを求める方は、ぜひこちらのゴールドカードへの入会もしくはランクアップもご検討ください。

従業員カードを追加発行できる

JCBビジネスプラス法人カードには、一般カードとゴールドの2種類があり、それぞれの年会費は下表の通りです。

JCBビジネスプラス法人カード

JCBビジネスプラス法人カード 年会費
【一般】:本会員 1,375円(税込)
※入会初年度は無料
【一般】:追加カード 1,375円(税込)
【ゴールド】:本会員 11,000円(税込)
※入会初年度は無料
【ゴールド】:追加カード 3,300円(税込)

役員や従業員に追加カードを発行すれば、出張費用や交通費の請求や経費の処理がとても楽になりますよ。

ETCスルーカードNは何枚でも発行できる

外回りなどで車を使うお仕事なら、ぜひETCカードも追加発行しましょう。

JCBビジネスプラス法人カードで発行できる「ETCスルーカードN」は、発行手数料・年会費ともに無料で、従業員用カードの枚数とは関係なく、複数枚を追加発行できます。

ETCスルーカード

ETCスルーカードNは従業員カードなしでも発行できますので、社長も社員も維持コストを一切かけることなくETCが使えます。

利用区間も含めたETC利用明細をチェックできる

ETCの利用額はクレジットカードの明細書を見れば分かりますが、利用日と利用した高速道路会社ごとの利用金額は記載されていても、利用区間までは分かりません。

しかし「JCB E-Co明細」サービスを使えば、以下のように利用区間までが明らかになります。

【JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス】

  • 走行日、利用区間、利用金額をインターネットで確認できる
  • 印刷、データ出力も可能
  • 最長15ヵ月分の明細を確認できる

明細書の郵送を希望する場合は有料ですが、E-Co明細のネット上の閲覧やダウンロードについては、費用は一切かかりません。ETCスルーカードNを作ったら、ぜひ便利な E-Co明細をご利用ください。

会計ソフトで経費管理を効率化できる

帳簿作成が苦手な方も、自分でお仕事を始めたら逃げてばかりはいられませんよね。でもJCBビジネスプラス法人カードの会員なら、以下の会計ソフトをすぐ導入できますし、費用も割安になります。

  • 弥生:「弥生会計 オンライン」初年度0円
  • freee:基本的プラン初年度年会費15%OFF
  • ソリマチ:データ連携、入力の自動化

出張は空も陸も便利でお得

優れたサービスも、その存在を知らなければ使いようがありません。JCBビジネスプラス法人カードへの入会をきっかけに、ぜひ空や陸の交通を便利でお得に使いこなしましょう。

出張の多いお仕事には、以下のサービスがおすすめですよ。

  • JCB.ANA@desk:出張手配システム
  • JCB de JAL ONLINE:法人精算方式のチケットレスサービス
  • JR東海「エクスプレス予約」:ネット予約、チケットレス乗車サービス
  • じゃらんコーポレートサービス:法人限定シークレットプラン

福利厚生や接待などにも便利!

JCBビジネスプラス法人カードでは、以下のようなサービスも利用できます。社員や家族の福利厚生には、ぜひ福利厚生倶楽部をご活用ください。

ビジネスサービス 内容
福利厚生倶楽部 ・入会金無料
・月会費が割引
JCBトラベル ・国内海外出張のオンライン予約
・ツアーなどの相談や予約
アスクルサービス オフィス関連商品の宅配
JCBタクシーチケット 送迎や接待に便利なチケット
・JCBプレモカード
・JCBギフトカード
プレゼント等に使えるギフトカード

QUICPay、JCBプラザなど利用価値の高い特典

電子マネーQUICPayを追加発行すると、出張先での手軽なお買い物にも重宝しますよ。

QUICPayはカードタイプとスマートフォンタイプ、どちらもリーダーにかざすだけで簡単に決済できます。利用代金はJCBビジネスプラス法人カードとまとめて請求され、明細にはQUICPay利用分がちゃんと記載されます。

またJCBは東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーですので、ペアチケットが当たるキャンペーンやイベントの開催も楽しみですよね。

海外出張時には、世界各地の優待店が使える「JCBたびらば(旅LOVER)」や、主要都市に設置されたサービス窓口「JCBプラザ」も役に立ちます。

ゴールドには更なる特典がついてくる

ここまでは一般カードとゴールドに共通する特典サービスでしたが、ここから先はゴールドカードだけの限定特典です。

ゴールドカードにはお馴染みの空港ラウンジサービスの他に、ビジネス接待に役立つグルメ優待、ゴルフエントリーサービスが使えます。

JCBビジネスプラス法人カードゴールド

ゴールド特典 内容
空港ラウンジサービス ・国内空港のラウンジ
・ダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジ
JCBゴールドグルメ優待サービス 対象店舗にて飲食代金の割引
ゴルフエントリーサービス ・全国約1,200ヵ所のゴルフ場手配
・会員限定の優待プラン
・オプショナルサービス「JCBゴルファーズ倶楽部」

なお空港ラウンジサービスは所定のカードラウンジが対象ですが、「ラウンジ・キー」のアカウントを作成すれば、1回につきUS32ドルで世界各国のVIPラウンジを利用できます。

ゴールドだけの付帯保険で出張も安心

ゴールドには以下の保険も付帯します。他のゴールドカードを調べてみても、これほど充実した付帯保険はなかなか見つかりません。ここだけ見ても、JCBビジネスプラス法人カード ゴールドはお値打ちですよ。

  • 海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険(自動付帯)
  • 海外航空機遅延保険(自動付帯)
  • 国内航空機遅延保険(自動付帯)
  • 海外ショッピングガード保険
  • 国内ショッピングガード保険

しかも旅行保険と航空機遅延保険は自動付帯で、このカード以外のカードで旅費を決済した場合にも、保険が有効となります。

治療費用も満足レベルの海外旅行傷害保険

これは海外旅行傷害保険の補償内容です。この通り重要な治療費用や救援者費用も、これだけでほぼ満足できるレベルですね。

なおこの保険は自動付帯ですが、このカードで旅費を支払わなかった場合、傷害死亡と後遺障害の最高補償額のみ5,000万円にダウンします。

海外旅行傷害保険 補償額
傷害死亡、後遺障害 最高1億円
※自動付帯分:最高5,000万円
傷害治療費用 300万円限度
疾病治療費用 300万円限度
賠償責任 1億円限度
携行品損害 1旅行中50万円限度
保険期間中100万円限度
救援者費用 400万円限度

国内旅行傷害保険も自動付帯

以下は国内旅行傷害保険です。こちらも自動付帯で、通院補償までついた充実した補償内容です。

国内旅行傷害保険 補償額
死亡、後遺障害 最高5,000万円
入院日額 5,000円
手術 入院日額×倍率
(10倍、20倍または40倍)
通院日額 2,000円

航空機遅延保険は国内も海外もカバー

以下は航空機遅延保険の補償内容です。国内と海外両方カバーしていて、こちらも自動付帯です。

国内 / 海外航空機遅延保険 補償額
乗継遅延費用 2万円限度
出航遅延費用等 2万円限度
寄託手荷物遅延費用 2万円限度
寄託手荷物紛失費用 4万円限度

最高500万円まで補償!ショッピングガード保険

以下はショッピングガード保険です。JCBビジネスプラス法人カードで購入した品物が損害を被った場合に購入日から90日以内なら最高500万円まで補償、海外でも国内でも適用されます。

ショッピングガード保険 補償額
海外 500万円限度
国内 500万円限度
自己負担額 3,000円
※1回の事故につき

ゴールドの年会費は確かに高いですが、出張時の保険料を節約できることを考えれば、全体としてはかなりリーズナブルだと言えるでしょう。

JCBビジネスプラス法人カード / ゴールドの基本情報

以下はJCBビジネスプラス法人カードの、一般とゴールドの基本情報です。

JCBビジネスプラス法人カード

カード情報 一般 ゴールド
年会費 1,375円(税込)初年度無料(オンライン入会) 11,000円(税込)初年度無料(オンライン入会)
申込資格 18歳以上の法人、個人事業主 18歳以上の法人、個人事業主
追加カード年会費 1,375円(税込) 3,300円(税込)
ETCカード(ETCスルーカードN) 無料、複数追加可能 無料、複数追加可能
海外旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯時:最高5,000万円)
国内旅行傷害保険 最高5,000万円(自動付帯)
その他付帯保険 ショッピングガード保険 最高100万円(海外) ・海外航空機遅延保険 2~4万円限度
・国内航空機遅延保険 2~4万円限度
・ショッピングガード保険 最高500万円(国内 / 海外)
電子マネー QUICPay追加可能 QUICPay追加可能
還元率(キャッシュバック) 最大3%(対象は出張旅費・交通費) 最大3%(対象は出張旅費・交通費)

JCBビジネスプラス法人カードは出張が多いほどお得になります!

会社経営者や個人事業主の方は、早めに法人カードを作りましょう。JCBビジネスプラス法人カードは、特に外回りや出張の多いお仕事におすすめです。

というのもこのカードでは、出張旅費と交通費がキャッシュバックの対象になるからです。カード利用額が多ければ、なんと3%分が口座に戻ってきますよ。

またゴールドに入会すれば、優れた旅行保険が付帯しますので、出張時の保険料の節約にもつながります。JCBビジネスプラス法人カードは、出張が多ければ多いほど、お得になる法人カードです。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア
PAGETOP
pagetop