クレジットカードの分割払いのメリットと注意点

様々な支払い方法が選べるのもクレジットカードの利点の1つです。しかし結局のところ、ほとんどのショッピングを一括払いで済ませてしまうという方が、案外多いのではないでしょうか?

そこで今回は、意外と詳しく知られていないクレジットカードの分割払いについて詳しく解説していきましょう。基本の仕組みから知っておきたいメリットや注意点まで、しっかりとご紹介します。

支払い回数を指定できる!分割払いの基本の仕組み

まず、分割払いの基本の仕組みを一通り解説していきましょう。

分割払いとは、ショッピング利用時に支払い回数を指定できる支払い方法の総称です。使い方は非常に簡単で、分割払いを取り扱っているカード加盟店で、支払いの際に『分割払いで』と伝えて回数を指定するだけで、その支払いを分割払いにすることができます。

同じようにショッピングの支払いを複数回に分けられる支払い方法としては、他にもリボ払いがありますが、こちらは月々の支払い額を指定する支払い方法です。

似ているようで、仕組みは大きく異なりますので、違いを正しく理解しておきましょう。

1回払いをあとから分割払いに変更できる!便利なあとから分割

分割払いは基本的に店頭での支払い時に指定するものですが、カード会社によっては後から一括払いを分割払いに変更することが可能です。

とりあえず一括払いにしてしまったけれど、よくよく考えたら1回で支払うのは厳しい…という高額なショッピングをしたときなどは、このあとから分割払いに変更できるサービスはとても便利ですよね。

ただし、翌月の引き落としが確定してしまうと変更ができない為、変更可能な期間は限られています。あとから分割サービスを利用したいときは、早めに変更手続きをするようにしましょう。

分割払いの主な種類

一口に分割払いといっても、支払い回数やタイミングによっていくつかの種類に分けられます。主な分割払いの種類としては、以下のようなものがあります。

  • 2回払い
  • 3回以上払い
  • ボーナス2回払い
  • ボーナス併用分割払い(ボーナス時増額)

2回払いと3回以上払いは、ほとんどすべてのカード会社で対応していますが、ボーナスが絡んでくる分割払いに関しては、対応できるところとできないところがありますので注意しましょう。

なお、3回以上の支払いに関しては、指定できる回数がカード会社によって多少異なります。

こちらもよく確認が必要です。

手数料が気になる分割払い…実は2回払いなら手数料不要

分割払いというと、手数料がかかって割高になる…というイメージがある方も多いのではないでしょうか?

実は、分割払いの中でも2回払いなら手数料は原則かかりません。

同じ分割払いでも2回払いと3回以上払いをあえて分けて考えるのは、この部分の違いがあるからです。とはいえ、3回以上の分割払いの場合は、手数料がかかってきます。

利率の設定は、カード会社によって変わってきます。また、支払い回数によっても手数料利率に差が出てくるので注意しましょう。

基本的には、支払い回数が多いほど手数料も高くなっていきます。

主要カード会社の分割払い対応状況を確認

分割払いの基本的な仕組みが一通り分かったところで、各カード会社の分割払いの対応状況をまとめて確認しておきましょう。

気になる支払い回数や、手数料の利率なども一覧で確認できますよ。

カード会社 分割払いの種類 指定可能な回数 あとから分割 手数料利率
三井住友カード ・2回払い
・3回以上払い
・ボーナス併用分割払い
3・5・6・10・12・15・18・20・24 可能 12.00~14.75%
JCB ・2回払い
・3回以上払い
3・5・6・10・12・15・18・20・24 可能 7.92~18.00%
オリコ ・2回払い
・3回以上払い
・ボーナス2括払い
3・6・10・12・15・18・20・24 不可 12.2~15.0%
楽天カード ・2回払い
・3回以上払い
3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36 可能 12.25~15.00%
イオンカード ・2回払い
・3回以上払い
・ボーナス2回払い
3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36・42・48・60 不可 10.05~12.04%

こうしてみると、一口に分割払いと言ってもカード会社によってかなり対応が異なることがわかりますよね。

例えばイオンカードなどは、最大で60回までの支払い回数を指定することができます。手数料利率も最大12.04%と低く、分割払いをしたい人にやさしいカードといえるでしょう。ただし「あとから分割」には対応していないのはデメリットと言えます。

このように、カード会社による違いもよく確認して、自分に合った分割払いの活用ができるものを選びましょう。

無理なく確実に支払える!分割払いの2つのメリット

分割払いの仕組みはわかったけれど、いまいち利用するメリットがわからない…という方もいらっしゃいますよね。

ここからは、分割払いのメリットを解説していきましょう。分割払いの主なメリットと言えるのは、以下の2点です。

  • 自分のペースで無理なく支払いを進められる
  • 支払い回数を指定する為完済時期が明確

分割払い最大のメリット!無理なくマイペースに支払える

まず、分割払いの最大のメリットと言えるのが、支払いを自分のペースで無理なく進めていけるという点です。

分割払いでは最低2回から最大で数十回までの範囲で支払い回数を自分で指定することができます。

したがって、毎月の支払い額をある程度、自分で調整することが可能です。

例えば同じ10万円の商品を購入した場合でも、5回払いなら月々の支払いは2万円+手数料ですが、10回払いなら1万円+手数料となりますよね。

このように、家計に負担の少ない支払い額におさめられる支払い回数を自分で決められるので、無理なく支払いを続けていくことができるのです。

手数料がかかるということを加味して考えても、一括払いで無理して支払いきるより分割払いの方が、実は家計への負担は少ないかもしれません。

分割払いなら完済の時期が明確で安心!

分割払いのもう1つの利点は、あらかじめ支払い回数が決まっているので完済の時期が明確であるということです。

これがリボ払いの場合は、回数ではなく月々の支払い額で指定する上に、複数のショッピング利用分をまとめてリボ払いにすることも可能です。

しかも手数料も絡んでくる為、1つ1つの支払いにスポットを当てて支払い完了の時期を確認することがかなり難しくなってしまいます。

その点、分割払いでは1件のショッピング利用に対して個別に支払い回数を指定する為、延滞などしない限りは予定通りの月数で確実に支払いが完了します。

毎月の支払い額と支払い完了の時期が最初の段階でほぼ確定しているというのは、安心感がありますよね。この安心感は分割払いならではのメリットと言えるでしょう。

知らなきゃ損する!?分割払いの3つの注意点

無理なく支払いができて便利な分割払いですが、利用する上での注意点もあります。

知らずになんとなく分割払いを利用してしまうと、思いがけず損をしてしまったり、不便を感じたりすることもありますので、注意点もしっかりチェックしておきましょう。

  • 手数料の分、本来の購入代金より支払い額が高くなる
  • 指定できる支払い回数の制限がある
  • お店によっては分割払いを選べないことがある

ご紹介する注意点は以上の3点です。

意外と金額が大きくなる!?やっぱり手数料は無視できない

分割払いの一番の注意点は、やはり手数料がかかる分、本来の購入代金よりも実際の支払い額が高くなるという点です。

例えば、10万円の商品を10回払いで購入して手数料利率が7.0%だった場合、支払う手数料は単純計算でも7,000円になります。実際には、月々の残高なども計算にかかわってくる為金額は多少前後しますが、いずれにせよ数千円分の加算がかかることは間違いありません。

支払い額が大きいほど、そして支払い回数が多いほど手数料のウェイトは大きくなりますので、なかなか無視はできませんよね。

ちなみに、少しでもこの手数料の金額を少なくしたいという方にお勧めしたいのが、一括返済や繰り上げ返済で支払い期間を短縮するという方法です。ただし、カード会社によって一括返済・繰り上げ返済の対応は異なる為、事前に確認するようにしましょう。

また、分割払いでも2回払いまでは手数料がかかりません。したがって、一括払いではしんどいという場合にも、まずは2回払いで検討してみるというのも1つの方法です。

意外と不自由!?支払い回数は必ず制限内で選ばなければならない

指定できる支払い回数に制限があるというのも、分割払いを利用する上で注意してほしいポイントの1つです。

先にご説明したとおり、同じ分割払いでもカード会社によって指定できる支払い回数はあらかじめ決められています。ユーザーは必ずその指定回数の範囲内で選ばなければなりません。

例えば最大36回の支払い回数制限があるカード会社で、50回で支払いたい!と言っても不可能です。

したがって、ショッピングの内容によってはせっかく分割払いにしたいのに、希望する回数と折り合わない…ということもあるかもしれません。

なるべく支払い回数の選択肢が多いカード会社を選ぶなどして、状況に応じて幅広く支払い回数を選択できるようにしておくことをおすすめします。

加盟店が分割払いに対応していない場合あとから分割払いに変更できる

これは意外と知られていないことなのですが、同じカードブランドの加盟店でも、お店によって対応している支払い方法の種類が異なることがあります。

一括払いならクレジットカードが利用できても、分割払いには対応できないというケースがあるのです。このようなケースでは、店頭で分割払いを指定することができません。

ただし加盟店が分割払いに対応していない場合でも、カード会社があとから分割サービスに対応していれば、後々で分割払いに変更することができます。

この後から分割というサービスでは、加盟店の方には一括で利用額が入金され、その残高をカード会社に対して分割で支払っていくという仕組みですので、加盟店の対応状況にかかわらず分割払いを適用することが可能なのです。

どんな時でも確実に分割払いを選べる状態にしておきたいという方は、必ずあとから分割が可能なカード会社を選ぶようにしましょう。

無理なく支払いができて便利!状況に応じて分割払いを活用

分割払いというと、手数料がかかる、何となく支払い期間が長くなって面倒くさそう…などマイナスのイメージを持たれがちです。

しかしうまく活用すれば、無理なく支払いができるうえに、毎月出ていくお金が変動しないので家計管理もしやすくなるなど、メリットはたくさんあります。

なんでも分割払いにする必要はありませんが、ここぞという場面ではぜひ便利な分割払いを活用してみてはいかがでしょうか?

クレジットカードとお得な暮らしをシェア
PAGETOP
pagetop