ふるさと納税はクレジットカード利用がおすすめ

ふるさと納税は豪華な返礼品がもらえることで大人気ですが、一方で「難しそう」「メリットがよく分からない」という声もよく聞かれます。

ふるさと納税はどのような方にメリットがあって、どうすればよりおトクになるのでしょうか?今回はそんな疑問をお持ちの初心者の方に、ふるさと納税の基本から徹底解説します。

クレジットカードのお得な利用法もご紹介しますので、これまでカードを使わず寄付していた方も、ぜひご参考になさってください。

ふるさと納税とは!?寄付の方法と還付の手順

ふるさと納税にはリピーターの割合が多いというデータもありますので、それだけ利用者の方の満足度が高いという事ではないでしょうか。

せっかくのチャンスを利用しない手はありません。これから初心者でも簡単にできるふるさと納税の方法をご紹介しますので、ぜひ今年こそふるさと納税にチャレンジしてみましょう。

ふるさと納税は「寄付」

ふるさと納税のハードルが高いのは、「納税」という言葉が難しそうに聞こえるのも原因の一つかもしれません。しかし納税とは言っても、別に税金を納める訳ではありません。

寄付金が税金から控除されるので納税という言葉が使われているだけで、その実態は自治体への「寄付」なのです。

ではどうして自治体に寄付すると、納税者にメリットがあるのでしょうか?

ふるさと納税は返礼品がもらえるのがメリット

まず第一に、ふるさと納税で寄付しても金銭的な負担はありません。これは自己負担額2,000円を除いて、寄付金の全額が住民税と所得税から控除されるためです。

そして、寄付した自治体からは返礼品が届きます。自己負担2,000円分を上回る価値がある返礼品を受け取れる為、結果としてお得になるのです。

つまりこれがふるさと納税のメリットなんですね。ただし確実にメリットを得るためには、どなたも2つの点に注意する必要があります。

控除上限額の範囲内で寄付する

まず第一の注意点は、寄付する前に自分の「控除上限額」を確認することです。

ふるさと納税はどなたでも自由にできますし、その際には原則として必ず返礼品がもらえます。しかし寄付した人全員が得できるかと言えば、決してそうではありません。

ふるさと納税で得しようと思ったら、寄付する金額を控除の上限額以内にとどめる必要があるからです。

  • 寄付金の合計 < 控除上限額 → ふるさと納税で得できる
  • 寄付金の合計 > 控除上限額 → ふるさと納税で損をする

もしも寄付金が控除上限額をオーバーすれば、超過分は還付されず、結果的には自腹を切ることになるでしょう。

この場合は返礼品がもらえても、普通に買うよりも高くつく可能性があるのです。寄付した満足感は得られても、これではちょっと寂しいですよね。

なのでふるさと納税する予定のある方は、自分が幾らまで寄付できるのか、必ず控除の上限額を確認する必要があるのです。

控除の上限額は、ふるさと納税の各サイト家族構成や年収などを入力することで、どなたでも簡単に算出できます。

ワンストップ特例なら確定申告は不要

ふるさと納税の第二の注意点は、寄付した後の「還付」の手続きです。

これをやらないと寄付分が戻ってきませんから、還付はふるさと納税において欠かすことができない重要な手続きです。

還付には「確定申告」と「ワンストップ特例制度」という2つの方法があります。どちらを利用しても構いませんが、圧倒的に便利なのはワンストップ特例制度です。以下に両者を比較しましたのでご参照ください。

  確定申告 ワンストップ特例制度
提出物 ・確定申告書類
・寄付金受領証明書
・申請書(ダウンロード可)
・本人確認書類
提出先 税務署 寄付先の自治体
対象者 ※以下いずれかの人
・ふるさと納税以外で確定申告する人
・年間寄付先が6自治体以上
※以下両方を満たす人
・確定申告が不要な給与所得者等
・年間寄付先が5自治体以内
期間 例年2月16日~3月15日頃
(還付申告は2月15日以前でも可)
寄付翌年の1月10日まで
例年確定申告を必要としないサラリーマンの方には、ワンストップ特例制度をおすすめします。年間寄付先が5自治体以内であれば、郵送だけで還付の手続きが完了します。

ワンストップ特例制度は、2015年4月1日に始まった比較的新しい制度です。これによって多くの人に確定申告が不要となり、ふるさと納税がより身近なものとなりました。

ふるさと納税にはクレジットカードを使うのがおすすめ!その理由

実はふるさと納税のメリットは、返礼品だけではありません。クレジットカードで決済することによって、カードポイントも貯めることができるのです。つまり返礼品とポイントを2重取りできる訳ですね。

次に「ふるさと納税サイト」の使い方をご説明しながら、クレジットカードのお得な利用法を見ていきましょう。

ふるさと納税サイトで寄付先を選ぶ

ふるさと納税は、専用サイトを通じて行います。

ふるさと納税サイトには、各地の返礼品の画像がたくさん掲載されていて、それを見ながらオンラインショッピングと同じ感覚で寄付先を選ぶことができます。

専用サイトは何種類もあってそれぞれに特色があるので、ぜひ自分に合ったものを見つけてくださいね。

そして実際に寄付する前には、必ず複数のサイトを回って、それぞれのお得度や利便性を比較することが大切です。

ふるさと納税サイトは種類が豊富!

以下は現在運営中のふるさと納税サイトの例です。「ふるさと納税」で検索をかければすぐに候補が上がってきますし、オンラインモールやポイントサイトにも登録されています。

サイトの閲覧はどなたでも自由にできますし、簡単な会員登録を済ませれば、すぐに寄付ができるようになりますよ。

ふるさと納税サイト 還元や特色
さとふる ・返礼品の掲載多数
・レポートなど情報豊富
ふるなび ・寄付1%のAmazonギフト券
・レビュー投稿でもAmazonギフト券
ふるさとチョイス ・返礼品の掲載数No.1
ふるさとプレミアム ・定期的なキャンペーン
ANAのふるさと納税 ・寄附100円で1マイル
au PAYふるさと納税 ・寄付の1%のポイント
楽天ふるさと納税 ・寄附100円で1ポイント
・楽天ポイントが使える
ふるり ・プロジェクト情報が豊富

ふるさと納税の目的は人によって様々です。返礼品よりも特定のプロジェクトに貢献したい人や、移住定住をお考えの方に役立つサイトもあります。

また条件を満たすことで、寄付額に応じてポイントやマイルが貯まったり、Amazonギフト券が貰えるお得なサイトもあります。還元重視の方は、ぜひこういったサイトを選んでください。

クレジットカードで寄付できる

次にふるさと納税の決済方法を見ていきましょう。以前はクレジットカード決済に対応していない自治体も多く、以下のような決済方法が使われていました。

  • 郵便振替
  • 銀行振込
  • 現金書留
  • コンビニ納付書払い
  • 自治体へ直接持参
  • Pay-easy決済(ATM支払い)

しかし今では多くの自治体がオンライン決済に対応しており、ふるさと納税サイトでも以下のような支払い方法が使えるようになっています。

  • クレジットカード
  • 楽天ペイ
  • Amazon Pay
  • d払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • PayPal
  • メルペイ
  • Pay-easy
  • ネットバンク支払い

自治体によっても対応は異なりますが、現在多くの自治体への寄付にクレジットカードが使えます。

クレジット決済でカードポイントが貯まる

クレジットカードやクレジットカードを紐付けた決済方法は便利なだけでなく、寄付額に応じてカードポイントが貯まるというメリットがあります。

これにふるさと納税サイトの還元サービスも加えると、ポイントを2重取りできるのでダブルでお得ですし、さらに返礼品も合わせれば、合計3回も得できることになるのです。

ぜひあなたもふるさと納税で、お得な3重取りを実現しましょう。

  • ①ふるさと納税サイトの還元サービス
  • ②クレジットカードの決済ポイント
  • ③返礼品

ふるさと納税におすすめのクレジットカード

これからご紹介するのは、ふるさと納税で使うのにおすすめのクレジットカードです。これら3枚のカードなら、どのふるさと納税サイトで使っても、寄付額に応じてポイントが貯まります。

寄付額の1%分のポイントが貯まる!JCB CARD W

最初にご紹介するJCB CARD W は、基本の還元率が1%ですから、ふるさと納税に使うと非常に効率良くポイントが貯まります。5万円寄付すれば500ポイント、10万円で1,000ポイントですから結構大きいですよね。

JCB CARD W

もちろん通常ショッピングも常に1%還元ですし、以下のようなJCB優待店ではさらにポイントアップします。

  • スターバックス(オンラインチャージ)
  • セブン-イレブン
  • アマゾン
  • 出光昭和シェル

JCB CARD W は年会費無料の高還元カードとして人気の1枚です。ただしこのカードは39歳以下の方限定ですので、40歳以上の方は申し込むことができませんのでご注意ください。

「さとふる」でポイント5倍!エムアイカードプラス

エムアイカードプラスは、三越伊勢丹のショッピングがお得になるカードです。三越伊勢丹グループでのポイント倍率は、前年度の買上額に応じて5%、8%、10%と変動します。最低でも5%ですから、三越伊勢丹には欠かせない1枚です。

エムアイカードプラス

それに加えて、エムアイカードはふるさと納税サイト「さとふる」と提携しており、Webエムアイカード会員マイページ経由で「さとふる」で寄付すれば、ポイント5倍になります。

三越伊勢丹グループをよく利用する方には必携のクレジットカードと言えるでしょう。

マイルとポイント2重取り!ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは、ANAマイレージカードとSuicaがついた多機能型クレジットカードで、ANAマイルを貯めている方におすすめです。

!ANA VISA Suicaカード

このカードを「ANAのふるさと納税」で使えば、以下のようにマイルとVポイントを2重取りできますよ。

  • ANAマイル:100円につき1マイル
  • Vポイント:200円につき1ポイント

またANA VISA Suicaカードの入会時と毎年のカード継続時には1,000マイルのボーナスが、そしてANAグループ便の搭乗時には通常のフライトマイルに加えて、割り増しボーナスマイルが付与されます。

ANA VISA Suicaカードを活用すれば、空も陸もふるさと納税も、すべてが便利でお得になりますよ。

ふるさと納税はぜひクレジットカードで!ふるさと納税の注意点

ふるさと納税は、控除上限の確認と控除方法の2点さえマスターすれば、初心者の方でも間違いなくメリットを得ることができます。しかし他にも気をつけるべきことがいくつかあるので、最後に注意点だけをまとめました。

クレジットカードの名義にご注意

お得なふるさと納税にはクレジットカードが欠かせませんが、その際にはクレジットカードの名義にご注意ください。原則的に以下の3者は、同一人物であることが必要なのです。

  • 納税する方
  • 寄付する方
  • クレジットカード保有者

ふるさと納税の返礼品は、家族全員で選ぶご家庭も多いと思います。でも寄付の手続きは必ず世帯主が、自身のクレジットカードを使って行うようにしましょう。

たとえば以下のように名義がバラバラだと、控除の手続きがスムーズに進みません。

  • 納税する方 → 世帯主
  • 寄付する方 → 配偶者
  • クレジットカード保有者 → 息子

複数のサイトを利用してもいい

寄付者とカード保有者が一致していれば、どのふるさと納税サイトを使っても構いませんし、複数のサイトで寄付するのもOKです。

サイトを選ぶ基準は、主にお得さと使いやすさです。

【ふるさと納税サイトを選ぶ基準】

  • 利用ポイントが貯まる
  • 還元サービスがある
  • 登録件数が多い
  • 検索しやすい
  • ランキングや特集などコンテンツが充実している

寄付先選びの基準も以下のように様々ですから、その時々の目的に応じて、最も使いやすいサイトを選んでください。

  • 返礼品の種類:海産物、フルーツ、特産品など
  • 返礼品の形態:ポイント制、定期便、体験版など
  • 自治体:故郷、好きな場所、縁の深い場所など
  • 寄付金の使い道:まちづくり、防災力、教育、子育て支援など

ポイント制は駆け込み寄付にも便利

なお返礼品の形態の「ポイント制」とは、返礼品の代わりにポイントで受け取れる制度のことです。保有ポイントは翌年度に持ち越すことができるので、今すぐに返礼品を決める必要がありません。

ポイントを積み立てることによって、次回にはより高額な返礼品を狙うことも可能ですし、また欲しい返礼品が見つからない時や、駆け込みで寄付したい時にも便利です。

ポイント制を初めて利用する方は、以下の2点にご注意ください。

  • 獲得したポイントはその自治体でしか使えない
  • 有効期限をすぎると返礼品と交換できなくなる

ふるさと納税はお早めに

最後はふるさと納税の期限についてです。ワンストップ特例制度を使うと、ふるさと納税で寄付した金額は、翌年度分の住民税から減額されます。

ふるさと納税は年間を通じていつでも可能ですが、翌年の税金から控除されるのは、1月1日から12月31日までの1年間に行った寄付が対象です。

クレジットカードを使う場合、カード利用日が12月31日までならばその年度、1月1日からは翌年度の寄付として扱われます。

年末が近づくと駆け込みでふるさと納税する人が増えますが、特にクレジットカードで決済する場合は、なるべく早めに寄付するようにしてください。

なお駆け込み寄付には、さきほどご紹介したポイント制の利用が便利ですよ。

ふるさと納税にはクレジットカードを使おう!トリプルでお得です

ふるさと納税には、ぜひクレジットカードを使いましょう。これによって、利用ポイント+カードポイント+返礼品の3重取りが可能となります。

還付上限の算出方法とワンストップ特例制度さえマスターすれば、特に税金の知識のない方でも、間違いなくふるさと納税ができます。

後はお得なふるさと納税サイトを選べば、初心者でも3重取りは簡単ですよ。これまでカードを使っていなかった方も、今年はぜひ返礼品以上のメリットを実現してください。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア

こちらの記事もおすすめ

PAGETOP
pagetop