ファミマTカードは年会費無料!ファミリーマートで2%の高還元

ファミリーマートをよく利用する方なら、どなたもポイントが貯まるカードを1枚はお持ちでしょう。でも今よりもっとポイントを貯めたいなら、クレジット一体型のファミマTカードがおすすめです。

このカードを使ってファミリーマートでお買いものすると、ポイントカードに比べて何と4倍のポイントが貯まります。

他にもお得な利用法がありますし、Tポイントカードからの切り替えも簡単です。ぜひこれからお伝えする情報をチェックしてください。

ファミマTカードの魅力

注目ポイント
  • 年会費無料
  • Tポイント提携店でポイント2重取り
  • ファミリーマートで2%の高還元
  • FamiPayにクレジットチャージできる
  • TSUTAYAレンタル登録が簡単無料

ファミマTカードは、ファミリーマートでのお買い物が大変おトクになるクレジットカードです。

ファミリーマート以外のTポイント提携店でもポイントがよく貯まりますし、他にもおトクな使い道が沢山あります。これからファミマTカードについて、初心者の方にも分かりやすく解説します。

ファミマTカードはファミリーマートが超おトク!還元率2%

あなたはまだ「コンビニでクレジットカードは使いにくい」と思っていませんか?今はキャッシュレス化が進んだせいもあって、少額決済にもカードを使う人が急増しています。

それに今回ご紹介するファミマTカードはファミリーマートの公式カードですから、ファミリーマートでの決済に遠慮は一切無用!しかもポイントは通常の4倍と高還元です。

ファミリーマートで貯められるポイントの種類

ファミリーマートのレジでポイントカードもしくはアプリを提示すれば、お買いものの度ポイントを貯めることができます。

ファミリーマートで貯めることができるポイントは以下の3種類で、付与率はいずれも200円(税込)につき1ポイントです。

ファミリーマートで貯まるポイント

ファミリーマートで貯まるポイント 付与率
Tポイント 200円(税込)ごとに1ポイント
dポイント 200円(税込)ごとに1ポイント
楽天ポイント 200円(税込)ごとに1ポイント

貯めたポイントは1ポイント=1円として、ファミリーマートでのお買いものに使えます。上記いずれのポイントも、還元率は利用額に対して0.5%です。

ポイントの種類は絞る方がいい

Tポイント、dポイント、楽天ポイントはいずれも人気の高いポイントですから、この3種類のポイントカードを全て揃えている方も多いでしょう。

しかし毎回異なるカードを提示していては、ポイントを効率よく貯めることができません。短期間で集中的にポイントを貯めるには、使用するポイントカードを一種類に絞った方がいいのです。

一般にポイントカードの種類は少ない方が管理がしやすいですし、ポイントが効率よく貯まるだけでなく、取り損ないを防ぐこともできます。

収納代行やタバコはポイント対象外

ファミリーマートでは、ぜひTポイントが貯まるカードを使いましょう。何故ならTポイントは、ファミリーマートで最も貯めやすいポイントだからです。

ファミリーマートでは食品・飲料・雑誌類はもちろんのこと、お酒の購入や宅急便の利用でもポイントが付きます。ただし以下はポイント対象外ですのでご注意ください。

  • 切手、はがき、印紙
  • タバコ
  • 代行収納
  • ギフト券、カード類
  • チケット類、スポート振興くじ
  • ゴミ処理券
  • 電子マネーチャージ
  • コピー、FAXなど

ファミマTカードならファミリーマートでポイント4倍

ファミリーマートでポイントが一番よく貯まるのは、Tポイントカードやアプリではなく、クレジット機能付きのファミマTカードです。

ファミリーマートでTポイントカード・Tポイントアプリを提示して現金で支払っても、0.5%分のTポイントしか貯まりませんが、ファミマTカードでクレジット決済すれば、毎回2.0%分のTポイントを獲得できます。

カード ファミリーマートでの還元率
・ファミマTカード 決済:2.0%
提示のみ:0.5%
・Tポイントカード
・Tポイントアプリ
提示:0.5%

1.5%分も差がつくんですから、ファミリーマートにはファミマTカードが必携ですよね。

クレジット決済で1.5%加算

それにしても、どうして2.0%という高還元になるのでしょう?それはファミリーマートでファミマTカードを使うと、利用ポイント0.5%に加えて、クレジット決済ポイントが特別に1.5%も上乗せされるからです。

ファミリーマートのレジでファミマTカードを提示しても、現金で支払えば0.5%分のポイントしか貯まりません。2.0%の高還元は、このカードでのクレジット決済が条件です。

Tポイント提携店なら提示&決済でポイント2重取り

ファミマTカードをファミリーマート以外の一般的なJCB加盟店で使った場合、一律0.5%還元となります。

ただし「Tポイント提携店」に限っては、以下のように0.5%~1.0%の利用ポイントが上乗せされます。つまり決済ポイントと合計すれば、1.0%~1.5%還元ですね。

  • 蔦屋書店 → 200円で1ポイント(+0.5%)
  • Ameba → 100円で1ポイント(+1.0%)
  • Tトラベル → 200円で1ポイント(+0.5%)
  • マミーマート → 200円で1ポイント(+0.5%)
  • ウエルシア → 100円で1ポイント(+1.0%)
  • ドラッグユタカ → 200円で1ポイント(+0.5%)
  • エディオン → 200円で1ポイント(+0.5%)
  • バーミヤン / バーミヤンの宅配 → 200円で1ポイント(+0.5%)
  • ガスト / ガストの宅配 → 200円で1ポイント(+0.5%)
  • 吉野家 / そば処吉野家 → 200円で1ポイント(+0.5%)

Tポイント提携店は上記以外にも沢山ありますから、ぜひファミマTカードを活用してTポイントを効率よく貯めましょう。

ファミマTカードは年会費無料

ただクレジットカードには審査がありますから、ポイントカードみたいに気軽に作れないと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかしファミマTカードは年会費が完全無料ですし、18歳になれば(高校生を除く)どなたでもWEBから簡単に申込むことができます。

ファミマTカードは集客目的に発行されるクレジットカードですから、審査のハードルは正直それほど高くはありません。ファミマTカードは、今回初めてクレジットカードを申し込む方にもピッタリの1枚です。

ファミマTカードのメリット!お得はクレジット払いだけじゃない

ファミマTカードには、ファミリーマートなど提携店での高還元以外にも、様々なメリットがあります。次にこのクレジットカードのお得で便利な使い道をご紹介しましょう。

TSUTAYAレンタル登録料が無料

ファミマTカードがあれば、TSUTAYAの利用も簡単・お得になりますよ。TSUTAYAのレンタルサービスを利用するためには、通常は以下のa.もしくはb.いずれかの手続きが必要です。

TSUTAYAレンタル登録

【通常のTSUTAYAレンタル会員登録】

a. 店舗で申込み+店舗にて手続き+登録料を支払う
b. TSUTAYAアプリで申込み+店舗にて手続き+登録料を支払う

どちらの手続き方法においても、店舗にて本人確認書類を提示の上、レンタル登録料(年会費)を納めなくてはなりません。TSUTAYAはフランチャイズ方式で店舗ごとに年会費の設定が異なりますが、一般的には300円(税別)を毎年支払う必要があります。

しかしファミマTカードなら、簡単な手続きでTSUTAYAの会員証として使えるようになります。

しかも店舗での本人確認書類の提示や入会申込書の記入が不要なだけでなく、登録料もかかりません。

【ファミマTカードのTSUTAYAレンタル会員登録】

・店舗で登録
・本人確認書類の提示不要
・入会申込書の記入不要
・登録料も不要

手間をかけずに無料でTSUTAYAレンタル会員になれることも、このカードのメリットです。

FamiPayもファミマTカードがあると便利

FamiPay(ファミペイ)がファミリーマートなどで使えるコード決済だということは、ファミマユーザーの方ならよくご存知だと思います。実はこのFamiPayも、ファミマTカードがあると便利なんですよ。

【FamiPay(ファミペイ)の特徴】

・決済時にクーポンやポイントを一度にスキャンできる
・クーポン、スタンプ、くじ、回数券が使える
・お買い得商品、ポイントプラス対象商品がお得になる

当初FamiPayはファミリーマート限定でしたが、今では以下の店舗やWebサービスでも使えるようになり、より利便性が高まっています。

  • ヤマダ電機
  • トイザらス
  • オートバックス
  • ロイヤルホスト
  • 紀伊国屋書店
  • メルカリ
  • ラクマ
  • カエマ
  • Ameba

ファミマTカードはFamiPayに登録できる唯一のクレジットカード

FamiPayは還元も魅力的です。FamiPayで支払うと200円(税込)の利用で1円相当のFamiPayボーナスが貰えますし、またTポイント番号を連携することで、ファミリーマートでは0.5%分のTポイントも貯まります。

さらにファミマTカードでFamiPayにクレジットチャージやオートチャージすることによって、0.5%分のFamiPayボーナスが付与されます。つまり還元率は合計で1.5%ですね。

【FamiPay(ファミペイ)の還元】

・利用:0.5%のFamiPaボーナス
・Tポイントとの連携:0.5%のTポイント
・クレジットチャージ:0.5%のFamiPayボーナス

そしてFamiPayに登録できるクレジットカードは、今のところファミマTカードだけなのです。

つまりFamiPayで1.5%還元を実現するには、ファミマTカードに入会するしかないんですね。

なおファミリーマートでは、このカードのクレジット決済によって常に2.0%の還元を得ることができますが、FamiPayにはクーポンやお買い得商品などメリットが多く、使い方次第ではこっちの方がお得になるケースもあります。

Apple PayならiD加盟店で幅広く利用できる

またファミマTカードをApple Payに登録すれば、全国のiD加盟店でも便利にお買いものができます。それにiPhoneをレジのリーダーにかざすだけですので、支払いもスムーズです。

ファミマTカードにはiDが割り当てられているため、レジでは「iD払い」を指定してくださいね。ファミリーマートでApple Pay決済すると、クレジット決済時と同額のTポイントを獲得できます。

ただしファミリーマート以外のTポイント加盟店でApple Payを利用する際には、ファミマTカードを提示しないとTポイントを貯めることができませんのでご注意ください。

Tマネーにクレジットチャージできる

ファミマTカードでは、電子マネー「Tマネー」も使えます。Tマネーが使えるのは、全国約23,000店舗のTポイント提携店です。

Tマネー

TマネーもファミマTカードでクレジットチャージ・オートチャージすることによって、常にスムーズに決済できます。

Tマネーの還元率はFamiPayに比べて低く、付与率は月間利用金額500円(税込)に対して1ポイント(還元率は0.2%)しか貯まりません。ファミマTカードでチャージしても、還元率は合計で0.5%+0.2%=0.7%止まりです。

やっぱりファミリーマートでは、ファミマTカードのクレジット払いか、もしくはFamiPayで支払う方がお得ですね。

旅行やショッピング、ふるさと納税でもTポイントが貯まる

ファミマTカード会員になると、他にも以下の特典を利用できます。

特典 内容
ポケットカード
トラベルセンター
・旅行ツアー代金が最大8%割引
ポケットモール
(ショップ例)
・さとふる:1,000円につき+12ポイント
・ベルーナ:1,000円につき+198ポイント
・イトーヨーカドーネット通販:1,000円につき+30ポイント
・Yahoo!ショッピング:1000円につき+12ポイント
・楽天市場:1,000円につき+6ポイント
・楽天トラベル:1,000円につき+6ポイント
・エクスペディア:1,000円につき+48ポイント

旅行には「ポケットカードトラベルセンター」がお得ですが、「ポケットモール」でも旅行商品を探すことが可能です。ポケットモールは会員向けショッピングサイトで、ここには楽天トラベルやエクスペディアといった旅行サイトも登録されています。

旅行以外にも、ネットショッピングやふるさと納税にもポケットモールを利用すれば、Tポイントの獲得数が一気にアップするでしょう。

なおポケットモールの参加ショップやポイント加算率は時期によって変動しますので、ご利用の際には必ず公式サイトをご確認ください。

ファミマTカードの基本情報

以下はファミマTカードの基本情報です。

ファミマTカード

カード情報 内容
年会費 無料
申込資格 18歳以上(高校生除く)
家族カード
ETCカード 発行手数料、年会費ともに無料
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
その他付帯保険
電子マネー Tマネー
還元率 0.5%~2.0%

ファミマTカードはファミリーマートをよく利用する方には必携

ファミマTカードはファミリーマートでの還元率が2.0%と高く、Tポイント機能を兼ね備えたクレジットカードです。

このカードで貯まるTポイントは多くの提携店でお買いものに利用できますし、またTSUTAYAのレンタル登録料が無料になったり、コード決済FamiPayにチャージできるというメリットもあります。

ファミマTカードはファミリーマートをよく利用する方やTポイントを貯めている方におすすめの1枚で、決して損のない1枚です。年会費も無料で気軽に入会できますから、初めてのクレジットカードとしてもぜひ入会をご検討ください。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア

こちらの記事もおすすめ

スーパーコンビニ系クレジットカード
PAGETOP
pagetop