クレジットカード審査の疑問を解決!スムーズな入会のコツ

「クレジットカードの審査がなければいいのに」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、こればっかりは避けて通る訳にはいきません。

クレジットカードの審査がどういうものなのか分からないと、なおさら不安になってしまいますよね。

そこで今回はクレジットカード審査の疑問にお答えしながら、出来るだけスムーズにクレジットカードを手に入れる方法を見ていきたいと思います。おすすめカードもご紹介しますので、ぜひご参考になさってください。

クレジットカード審査早わかり!気になる基準「3C」とは

審査が怖いのは、何をされるのか分からないからです。審査がどういうものなのか知れば、事前に対策を立てることができるでしょう。

まずは審査ではあなたの何を見られているのか、基準となる「3C」についてご説明します。

審査で大事なのは「3C」

クレジットカードの審査は、公式サイトで申込書に必要事項を入力し、それを送信するところからスタートします。

クレジットカードの申込書を見てみると、氏名や生年月日など個人情報の他にも、勤務先や住居に関する設問まで、様々な項目が並んでいます。

中にはクレジットカードとは関係なさそうに見えるものもありますが、もちろん無駄な項目などひとつも存在しません。申込書のすべての項目は、以下の「3C」をチェックするために作られています。

【クレジットカード審査の3Cとは!?】

  • 返済能力(Capacity)
  • 本人の性格(Character)
  • 資産や財産(Capital)

クレジットカード審査では上記の3つの要素が重要視され、これらはそれぞれの頭文字をとって「3C」と呼ばれます。

審査においては「3C」のどれもが重要

では「3C」とは、具体的にどういうものなのでしょうか?

「3C」 意味 具体例
返済能力(Capacity ) 継続的な返済が可能か? ・安定した収入
・安定した職業
本人の性格(Character) きちんと返済できるか? ・良好な返済履歴
資産や財産(Capital) 財産はあるか? ・持ち家
・貯蓄

返済能力(Capacity )と資産や財産(Capital)は、あなたの年収・勤務先・住宅などの情報から判断されます。

金銭感覚や真面目さを表す、本人の性格(Character)も重要な要素です。いくら返済能力や資産が十分でも、お金にルーズだったり返済期日を守れない方を審査に通す訳にはいきませんよね。

これは申込書の内容に矛盾や虚偽のないこと、そして「信用情報」をチェックすることで判定できます。

クレジットカード審査の流れを大公開!スコアリングと信用情報

では次に、クレジットカード審査の流れを見ていきましょう。カード会社では、あなたから送信された申込書を元に、「スコアリング」と「信用情報」を使って審査が行われます。

属性をスコアリングする

スコアリングは一言で言うと「申込書の採点」です。と言っても手作業ではなく、機械的に点数が付けられて合計点がはじき出されるのです。

以下の項目は申込者の「属性」と呼ばれ、それぞれの回答に応じてスコアが付けられます。

属性 スコアリング(例)
年収 ・300万円:3点
・1,000万円:10点
勤続年数 ・1年未満:1点
・10年:8点
勤務形態 ・正社員:10点
・アルバイト:2点
職種 ・公務員:10点
・飲食店スタッフ:3点
住居 ・持ち家:10点
・賃貸:7点

スコアリングは総合判断

上表には2つの解答例しか記載しませんでしたが、実際の設問と選択項目はもっと数が多く、総合的な判断によって精度の高い審査結果を出すことができます。

ですから、1つの属性のスコアが低いからといって、即審査落ちにつながる訳ではありません。また全般にスコアが低くても、最低ラインに達しさえすれば、審査には合格できます。

信用情報がブラックなら審査落ち

しかし合格ラインに達していても、審査落ちが確定してしまうケースが一つだけあります。それが信用情報の「ブラック」です。

どこで審査を受けても必ず落ちることを、一般に「ブラックリストに載る」という意味で「ブラック」と呼ばれていることは、どなたもご存知でしょう。

「ブラックリストに載る」ことは、現実には信用情報機関に「金融事故」(自己破産など債務整理、2ヶ月を超える長期延滞)が記録されることを意味しています。

審査を受けると信用情報機関にデータ照会される

現在国内には、以下3つの信用情報機関が存在し、クレジットカードやローンの利用に関するありとあらゆる個人情報(信用情報)が集積されています。

【信用情報機関】

  • CIC(Credit Information Center)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター)

これら3つの信用情報機関は「FINE」や「CRIN」という情報ネットワークで繋がっていて、重要な情報は共有できるようになっています。

クレジットカードの審査を受ける度に、必ず信用情報機関にデータ照会され、あなたの信用情報がチェックされているのです。

短期延滞なら審査に通る可能性もある

金融事故の記録の保存期間は5年間ですから、一度ブラックになれば5年間はどこで審査を受けても通りません。

ブラックになるのは、2ヶ月を超える長期延滞と自己破産などの債務整理(以下の×印)です。

【クレジットヒストリーの評価】

  • 自己破産など債務整理 ×
  • 2ヶ月を超える長期延滞 ×
  • 短期間の延滞  △
  • 延滞なし ◎

短期間の延滞も記録には残りますから、期間や頻度によっては審査に影響を及ぼします。対応はカード会社によって様々で、厳しい場合もあれば柔軟な場合もあります。

しかし短期延滞の記録は2年経てば消えてしまいますから、いずれにしてもブラックほど深刻な影響を及ぼすものではありません。

一方で延滞の一切ない良好な返済履歴(クレジットヒストリー)は、クレジットカードの審査には最大の追い風となります。

審査が不安な方におすすめのクレジットカード

審査落ちの最も大きな原因は、ひょっとしたらクレジットカードの選択ミスかもしれません。審査が柔軟なクレジットカードを選びさえすれば、多くの場合は良い結果が得られたはずです。

ここからは審査の間口が広いクレジットカードをご紹介していきます。

最短即日発行に対応!ACマスターカード

ACマスターカード

「ACマスターカード」は、消費者金融アコムが発行するクレジットカードです。与信業務に長けているため審査の間口が広く、他で落ちてしまった方もACマスターカードなら審査に通る可能性が高いです。

年会費も完全無料ですし、審査スピードも最短30分と迅速で、事前にインターネットで申込書を送信しておけば、当日中に自動契約機(むじんくん)でカードを受け取ることも可能ですよ。

ACマスターカードはショッピング利用額の0.25%分が自動でキャッシュバックされます。

自動契約機(むじんくん)は土日祝日も営業している上に、時間も夜21時まで営業してますから、お急ぎの方にとって自動契約機の営業時間が長いのは大きなメリットと言えるでしょう。

延滞履歴がある方におすすめ!アメックス・グリーン・カード

アメックスグリーンカード

アメックスは外資系のカード会社ですから、国内企業とは違って、審査では過去の履歴よりも現在の状況を重視する傾向があります。

「アメックス・グリーン・カード」は過去に延滞履歴があった方や、ブラック登録期間を終えたばかりの方にとっては、日本のカード会社よりも審査に通る可能性が高いクレジットカードなのです。

アメックスは補償も手厚く、以下のように特典内容も大変充実しています。

  • 国内海外の空港ラウンジサービス
  • プライオリティ・パスの登録料無料
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 最高5,000万円の海外旅行傷害保険
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険
  • 各種プロテクション(保険)

過去に延滞履歴があって審査が不安な方は、外資系のアメックスがおすすめです。

消費者金融系で間口が広い!ライフカード

ライフカード

「ライフカード」は親会社がアイフルの兼ね合いで、消費者金融系として間口が広いのが特徴です。年会費は完全無料ですし、優待施設が多くて旅行やお出かけにもお得なカードとしてもおすすめです。

ライフカードの基本還元率は0.5%ですが、初年度は0.75%、誕生月は1.5%もの高還元になります。さらに以下のステージ制プログラムでは、利用額に応じて還元率がアップしますので、ポイントが貯まりやすいのも嬉しいですね。

クレジットカード審査の注意点!通りやすくする為の4つのポイント

最後にクレジットカード審査の注意点をまとめました。審査を少しでも通りやすくするために、ぜひ以下の4つのポイントを頭に入れておきましょう。

1. 消費者金融系か流通系を選ぶ

クレジットカードの審査に通るために最も重要なのは、クレジットカードの選択です。

審査の難易度は、カード会社の系統によって異なり、審査の通りやすさと申し込みやすさで選ぶなら、消費者金融系もしくは流通系がおすすめです。

カード会社の系統 カードの例
消費者金融系 ・ACマスターカード
・ライフカード
流通系 ・イオンカード
・セブンカード
・エポスカード
信販系 ・ジャックスカード
・セゾンカード
・オリコカード
銀行系 ・三井住友カード
・三菱UFJニコス
外資系 ・アメリカンエキスプレス

2. 多重申し込みをしない

「多重申し込み」にも要注意です。短期間に複数のクレジットカードを申し込むと(通常1ヶ月に3枚以上)、申し込みブラックとなり審査に不利な状況となります。

多重申し込みが審査落ちの原因となる理由は、短期間に複数の申し込み履歴があると「何か問題があるから他社審査に通らず多重申し込みをしている」と疑問を持たれるからです。

審査に落ちたらすぐ次を申し込むことを続ければ、いつまでたってもこの状態から抜け出すことができません。

半年待てば申込みの記録は信用情報から消えますから、その間は一切申込みをせず、大人しくしておきましょう。

3. 虚偽申告をしない

少しでも審査を有利にしたいがために、申込書で嘘を申告する方もいらっしゃいますが、これこそが逆効果です。

虚偽の申告は著しく信用を損ない、審査落ちの直接的な原因となります。

クレジットカード審査では本人確認書類(コピーもしくは画像)を提出する必要がありますが、もちろん免許証などの改ざんも厳禁です。

4. キャッシング枠をつけない

審査を少しでも通りやすくするには、申込時にキャッシング枠をつけないことも大切です。

通常クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という、2種類の利用枠が設定されていて、この2つを合わせたものがカードの限度額です。

  • a.ショッピング枠:クレジット払いの限度額
  • b.キャッシング枠:お金の借り入れの限度額
  • a.+b.=限度額

キャッシング枠には総量規制という法律上の制限がかかるため、審査が長引いたり、場合によっては審査に落ちる可能性があります。

キャッシング枠を自由に設定できる場合は、申込書でキャッシング枠=0円を選択してください。これだけで審査に通りやすくなりますよ。

クレジットカードの審査を知れば通りやすくなるコツが分かります

クレジットカードの審査では「3C」が重要視され、スコアリングと信用情報によって審査結果が出ることが分かりました。

クレジットカードの審査を怖がる方もいらっしゃるかもしれませんが、ブラック以外はなんとかなるケースが殆どです。特に審査が柔軟なクレジットカードを選べば、多くの場合は良い結果が得られるでしょう。

ただし虚偽の申告など、審査基準とは無関係なところで落ちるケースもありますので、審査に臨む態度にも気をつける必要があります。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア
PAGETOP
pagetop