高還元でおすすめのクレジットカード特集

クレジットカードを使えば原則ポイントが貯まりますが、貯まり具合はカードによってかなりの差があります。

今回は高還元のクレジットカードをまとめてご紹介したいと思います。

ポイント還元の仕組みについても解説しますので、カードを初めて使う方でも大丈夫!是非、当記事でポイントを効率よく貯めるコツを掴んで頂き、お得なクレジットカードライフを送って下さい。

クレジットカードの還元率とは!?

クレジットカードのお得度を示す「還元率」という言葉は、どなたも一度は耳にしたことがあるはず。でもこれが何のパーセンテージなのか、クレジットカード初心者の方にはピンとこないですよね。

そこで先ずは還元率とは具体的に何を表しているのか、どのように算出するのかを見ていきましょう。還元率のことをよくご存知なら、この部分は飛ばしていただいて構いません。

還元率で貯まるポイントを計算できる

還元率とは「カード利用額に対して戻ってくる金額」をパーセンテージで示したものです。「戻ってくる=還元される」から還元率なんですね。ポイントには様々な種類がありますが、それぞれ還元率が異なります。

そのカードの還元率を知れば、クレジット決済した時にどのくらいポイントが貯まるかが分かります。以下のように「還元率」と「カード利用額」を掛け合わせると、獲得できるポイント数をすぐに算出できます。

還元率 カード利用額 獲得ポイント数
1% 1万円 0.01 × 10,000=100ポイント
0.5% 1万円 0.005 × 10,000=50ポイント

キャッシュバック方式のクレジットカードにおいては、ポイントの代わりに現金が還元されますが、この場合も還元率の式をそのまま当てはめることができます。

ポイント還元率の算出方法

クレジットカードの還元率は、以下の2つの要素によって決まります。

  • 【付与率(%)】利用額に対してどれだけポイントが貯まるか
  • 【価値(円)】交換した時の1ポイントの価値

「付与率」はカードを利用した時のポイントの貯まり具合を、「価値」はポイントを何円のものと交換できるのかを示しています。そしてこの付与率と価値を掛け合わせたものが「還元率」です。

  • 【付与率】×【価値】=還元率(%)

付与率や価値はポイントの種類によって違う

皆さんがよくご存知のポイントも、それぞれ以下のように異なる付与率と価値を持っています。付与率と価値を掛け合わせると、どのポイントの還元率も1%もしくは0.5%前後になります。

ポイントの種類
(カード会社)
付与率 価値 還元率
(価値×付与率)
リクルートポイント
(リクルートカード)
1.2%
(請求額の1.2%)
1p=1円 1.2%
楽天ポイント
(楽天カード)
1%
(100円で1p)
1p=1円 1%
永久不滅ポイント
(クレディセゾン)
0.1%
(1,000円で1p)
1p=4.5円 0.45%
Vポイント
(三井住友カード)
0.5%
(200円で1p)
1p=1円 0.5%

還元率だけではお得度ははかれない

しかしクレジットカードのお得度は還元率だけでは決まりません。クレジットカードにはその他にも数多くのメリットがあるからです。

例えば優待店でカードを使うとポイントが2倍以上になったり、特定の日には5%割引でお買いものができたりします。

他にも以下のような様々なメリットが、あなたのカードライフをより豊かなものにしてくれるでしょう。

  • 優待店でのポイントアップ
  • 加盟店の割引
  • 会員限定特典
  • 付帯保険(保険料不要)

還元率だけでなく、特典や割引の情報にもしっかりと目を通して、ぜひクレジットカードをフルに活用してください。

高還元でおすすめのクレジットカード6選

標準的なクレジットカードの還元率は0.5%ですので、ここでは基本還元率が1%以上の高還元カードをご紹介していきます。

還元率が0.5%のカードと比べると、高還元カードは2倍のスピードでポイントが貯まりますから、その差は歴然ですよね。

39歳までの方限定!年会費無料のJCB CARD W

「JCB CARD W」は基本還元率1%のJCBプロパーカードです。年会費は永年無料、基本還元率は1%ですので、どこで使ってもポイントがよく貯まります。

もちろん光熱費や電話料金を支払った場合も、料金の1%分が還元されます。

しかもAmazonやセブンイレブンなどのJCBオリジナルシリーズパートナー店で使えば、更にポイントが上乗せされますので大変おトクです。

JCB CARD Wは付帯保険も充実していて、海外旅行にも最適です。年齢制限があって39歳までの方しか申し込めない為、39歳以下の方は要チェックの1枚です。

JCB CARD W

年会費 永年無料
※申込年齢は18歳~39歳限定
特典 ・オリジナルシリーズパートナー店はポイント2倍以上
・最高2,000万円の海外旅行保険付帯 利用付帯
・ショッピングガード保険(海外)最高100万円

入会半年間2%還元!Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTも、基本還元率が1%と高く、年会費無料のクレジットカードです。電子マネーのiDとQUICPayがダブル搭載されていて、これ1枚で3通りの支払い方法が可能です。

Apple Payに登録した場合は、QUICPayが割り当てられます。もちろんクレジット・Apple Pay・iD・QUICPayどれを使っても、還元率は同じ1%です。

カード入会後の6ヵ月間は還元率が2倍の2%と更なる高還元です。

カード利用で貯めたポイント(オリコポイント)は、500ポイントからリアルタイムで他社ポイント(楽天ポイント、Tポイント、ANAマイル、JALマイルなど)に交換できる為、ポイントの汎用性が高い点も大きなメリットと言えるでしょう。

Orico Card THE POINT

年会費 永年無料
特典 ・入会後6ヵ月間は還元率2%
・iDとQUICPayダブル搭載
・リアルタイムでポイント交換可能

Suicaを利用する方に一押し!ビックカメラSuicaカード

「ビックカメラSuicaカード」も基本の還元率が1%の高還元クレジットカードです。年会費は524円(税込)ですが、年に1回の利用で免除になりますので実質的には年会費無料です。

このカードに搭載されたSuicaをビックカメラで使うと、ポイント2重取りができて合計11.5%還元になります。ポイント内訳は以下のようになっており、ビックポイントはビックカメラのお買いものに、JREポイントはJRE POINT加盟店やSuicaのチャージに使えます。

  • ①Suicaにオートチャージ:還元率1.5%(JREポイント)
  • ②ビックカメラでSuica決済:還元率10%(ビックポイント)

また以下のマークのJRE POINT加盟店では、このカードを提示するだけで1%分のポイントが貯まります。

JRE POINT加盟店

さらにクレジット決済すればポイントを2重取りできて、合計還元率は1.5%になります。

ビックカメラSuicaカード

年会費 524円(税込)
初年度無料、年1回の利用で次年度も無料
特典 ・JRE POINTカード機能搭載
・JRE POINT加盟店での提示で100円で1ポイント(付与率1%)
・Suica搭載
・Suicaオートチャージでポイント3倍(還元率1.5%)
・最高1,000万円の国内旅行保険 利用付帯
・最高500万円の海外旅行保険 自動付帯

基本還元率1.2%!リクルートカード

リクルートカードの基本還元率は、国内最高レベルの1.2%です。特定の利用先が決まっていない方は、いつどこで利用しても適用される基本還元率が高いリクルートカードがおすすめです。

カード利用で貯まるのはリクルートポイントで、会員サイトでPontaポイントへと即時交換ができます。Pontaカードを新規発行すれば、ローソンなどPonta加盟店でもポイントでお買いものができますよ。

リクルートカードの年会費は永年無料にもかかわらず、付帯保険が充実している点もこのカードのメリットです。

リクルートカード

年会費 永年無料
特典 ・リクルートポイントはPontaポイントに即時交換可能
・最高2,000万円の海外旅行保険(利用付帯)
・最高1,000万円の国内旅行保険(利用付帯)
・年間200万円のショッピング保険(国内・海外) 

ドコモユーザー以外の方にもオススメ!dカード

dカードも基本の還元率が1%で、どこで使ってもポイントがよく貯まります。

dカードはマツモトキヨシで4%、高島屋で2.5%還元と特約店も多く、貯まったポイントは1ポイント1円としてdポイント加盟店で利用頂けます。

ドコモユーザー以外の方も申し込めますし、使えないのはケータイ補償くらいで、他のサービスはキャリアと関係なく利用できます。

dカード

年会費 永年無料
特典 ・iD搭載
・お買い物あんしん保険 年間100万円
・dカードケータイ補償 購入後1年間最大1万円

楽天市場を利用する方におすすめ!楽天カード

楽天カードは街中で使っても常に1%還元ですが、一番おトクなのは楽天市場や楽天ブックスで使った時です。

楽天カードで決済すれば最低でもポイント3倍ですし、不定期に実施されるお買いものマラソンにエントリーして条件を達成すれば、期間中のお買いものが全てポイント10倍になります。

この他にもおトクなセールやキャンペーンが随時開催されていて、楽天カードのポイントの貯めやすさは抜群です。

楽天カードには海外旅行保険が付帯しますし、スタンダードタイプのカードとしては珍しく手荷物の宅配優待が付いていて、行きも帰りも割引料金で利用できます。

また新設されたハワイの観光ラウンジも、楽天カードを提示すれば無料で利用できるのも楽しみですね。

楽天カード

年会費 永年無料
特典 ・楽天市場ではポイント3倍以上(還元率3%?)
・楽天Edy搭載
・最高2,000万円の海外旅行保険(利用付帯)
・空港手荷物宅配優待 最大300円割引
・ハワイラウンジ無料(観光ラウンジ)

クレジットカードをお得に活用する4つの方法

高還元のクレジットカードはただお買いものするだけでも安定してポイントが貯まりますが、使い方次第ではさらに多くのメリットが得られます。

次にどのカードにも共通する、おトクな使い方のコツをご紹介しましょう。

1.新規入会キャンペーンを利用する

新しくカードを作ろうと思った時に、ぜひ考慮していただきたいのが「入会キャンペーン」です。

入会キャンペーンはカードによって不定期に開催されますが、これはどなたでも一気に数千ポイントを獲得できる貴重なチャンスです。申し込む前には必ずキャンペーン情報をチェックして、ぜひタイミングよく申し込みましょう。

2.優待や特典を活用する

クレジットカードはただ使うだけでなく、そのカード会社もしくは提携企業の優待や特典をフル活用すると大変お得です。

今回ご紹介した高還元のクレジットカードはどこで使っても安定してポイントが貯まりますが、特定のお店で使うと付与率が倍付けになったり、割引が適用されたりします。

つまり同じようにショッピングしても、利用先を選べば更に還元率を高めることができるのです。

還元率がアップする利用先は、一般的に優待店・特約店などと呼ばれます。高還元のクレジットカードを手に入れたら、必ず優待店の一覧に目を通しておきましょう。

カード 優待店の例
(※はオンラインショップ)
JCBカード ・セブン-イレブン
・スターバックスカード(オンラインチャージ)
※Amazon
楽天カード ※楽天市場
※楽天ブックス
※楽天トラベル
dカード ・ローソン
イオンカード ・イオン
・マックスバリュー
・ビブレ
セゾンカード ・西友
・リヴィン
・サニー
エポスカード ・マルイ
※マルイネット通販
ビックカメラSuicaカード ・ビックカメラ
・コジマ
・ソフマップ
リクルートカード ※ポンパレモール
※ホットペッパー
※じゃらん

またクレジットカードに付いている以下のような特典も、料金が節約できるという意味では還元サービスです。

  • 旅行優待
  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険

クレジットカードに付帯する保険は保険料がかかりませんし、旅行費用が安くなる優待もあります。新しいカードを作ったら会員サイトを隅々までチェックして、出来る限りカード特典を有効活用してください。

3.電子マネーでポイント2重取り

ポイントを貯めるには、現金利用を減らして出来る限りクレジット決済を増やすべきですが、少額のお買い物にクレジットカードって使いにくいですよね。

そういう時には電子マネーがあると便利ですよ。タッチだけで簡単に支払えますので、クレジットカードよりも気楽に使えます。

そしてプリペイド型の電子マネーは、クレジットチャージ+利用でポイントを2重取りできる場合があります。

【ポイント2重取りの仕組み】

  • ①チャージポイント:クレジットカードでチャージして貯める
  • ② 利用ポイント:チャージした電子マネーを使って貯める

ただしチャージできてもポイントが貯まらないケースも多く、2重取りできる組み合わせは限られています。以下はポイントを2重取りできる電子マネー+クレジットカードの組み合わせ例です。

  • 楽天Edy+楽天カード
  • Suica+ビューカード
  • nanaco+セブンカードプラス
  • WAON+イオンカードセレクト(※口座オートチャージ限定)

プリペイド型の電子マネーを使うなら、ぜひポイントの貯まるクレジットカードでチャージしてください。電子マネーとクレジット決済を併用すると、街中でもポイントがよく貯まりますよ。

4.ポイントアップサイトを経由

ネットショッピングするなら、ポイントアップサイトを経由することをおすすめします。

ポイントアップサイトとは、そこを経由して各ショップで買いものをすることで、ポイントが加算されるおトクなサイトのことです。

例えば楽天市場で買いものする前にポイントアップサイトを経由すれば、さらに1%分のポイントが上乗せされます。ここで貯めたポイントは、サイト内で好きなポイントに交換してお買いものに使えます。

以下のようなポイントアップサイトは1人でいくつでも登録(無料)できますが、一度に複数のサイトを経由することはできませんのでご注意ください。

ポイントアップサイト 経由先ECサイト例 ポイント交換先
ハピタス ・HapitasOutlet
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・現金(口座振込)
・楽天Edy
・楽天ポイント
・ビットコイン
・nanacoギフト
・ドットマネー
モッピー ・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・ビックカメラ.com
・現金(口座振込)
・楽天ポイント
・楽天Edy
・Tポイント
・LINEポイント
・dポイント
・nanacoポイント
・WAONポイント
ちょびリッチ ・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・ビックカメラ.com
・現金(口座振込)
・LINE Pay
・WAONポイント
・dポイント
・ANAマイル
・JALマイル
・Tポイント
げん玉 ・高島屋オンラインストア
・Yahoo!ショッピング
・ダイエーネットショッピング
・現金(口座振込)
・楽天Edy
・nanacoギフト
・Tポイント
・ビットコイン
・LINEポイント

ポイントアップサイトには、これ以外にも多数の企業が参加していて、お買いもの以外にクレジットカード入会や口座開設、資料請求などでも多額のポイントが貯まります。

またアンケートやゲームなどお金を使わないコンテンツも豊富ですので、空き時間にコツコツポイントを貯めたい方にもピッタリです。

また、クレジットカード会社のポイントサイトを経由してもポイント倍率が高くなりますので、あわせてチェックしてみてください。

  • JCBカード会員:Oki Doki ランド
  • 三井住友カード会員:ポイントUPモール
  • ライフカード会員:L-Mall
  • セゾンカード会員:セゾンポイントモール
  • エポスカード会員:たまるマーケット

ご紹介した以外にも経由でポイントが貯まるサイトはたくさんありますので、ぜひあなたに合うサービスを見つけてくださいね。

高還元のクレジットカードはお得

今回は還元率1%以上の高還元クレジットカードと、より効率的なポイントの貯め方をご紹介しました。高還元のクレジットカードは、ただ使うだけで安定的にポイントが貯まりますので、初心者の方にもおすすめです。

また加盟店でお買いものしたり、電子マネーへのチャージやポイントアップサイトを活用することによって、さらに多くのポイントを貯めることができます。

付帯保険は還元サービスではありませんが、旅行保険の保険料が無料になる為こちらも大変おトクです。家計の節約のために、ぜひ高還元のクレジットカードを有効活用してください。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア

高還元クレジットカード 新着記事

PAGETOP
pagetop