コンビニでおすすめのクレジットカード!現金よりおトクな理由

いつでもお買い物や公共料金などの支払いが可能な場所として、コンビニエンスストアは私たちの日常生活には欠かすことのできない存在です。

人によっては毎日でもお世話になる場所ですが、そこで問題となるのが決済方法です。もしも毎回現金を使っているとしたら、あなたはかなり損しているかもしれませんよ。

コンビニではぜひクレジットカードをご利用ください。これからその理由と、コンビニ別に一番トクできる使い方をご紹介します。

コンビニにクレジットカード利用をおすすめする3つの理由

コンビニをよく利用する方なら、1ヶ月の合計利用額が数万円以上になる方もいらっしゃることでしょう。

これだけの金額をぜんぶ現金払いするのは勿体ないです。クレジットカード決済すればどんないいことがあるのか、これからその3つの理由を解説します。

1.ポイントが貯まる

まず第一に、コンビニでクレジットカードを使えばポイントが貯まります。「現金払いでもポイントは貯まるよ」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、それはポイントカードを提示した場合ですね。

そこでコンビニ4社のポイントカード対応を調べてみたところ、以下のようにセブンイレブンには対応するポイントカードがなく、現金払いでは1ポイントも貯まりません。

コンビニ 対応ポイントカード
ローソン Pontaカード
dカード
セブンイレブン
ファミリーマート Tカード
dカード
楽天ポイントカード
ミニストップ WAON POINTカード

しかしクレジットカードを利用すれば、セブンイレブンでもポイントを貯めることができますし、他のコンビニでもポイントの2重取りが可能となります。

2.サインも暗証番号も不要

中には「コンビニでクレジットカードを使うなんて気が引ける」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かにミネラルウォーター1本にクレジットカードを出すのは少し勇気がいりますが、これは海外では当たり前の光景です。

コンビニでクレジットカードを利用する際、※1万円未満の支払いならサインや暗証番号の入力は不要ですので、実際にはレジスタッフが迷惑するなんてこともありません。

※サインレスの金額はコンビニによって異なる

特に安全な支払い方法が望まれる今、紙幣や小銭のやり取り不要なキャッシュレス決済は、お店にとっても大歓迎です。どなたもどうぞ遠慮なくクレジットカードをご利用ください。

3.電子マネーを紐付けることができる

でもやっぱりコンビニではクレジットカードを出しにくいという方には、以下のようなキャッシュレス決済の利用をおすすめします。

これならリーダーにかざすだけで簡単に支払いできますから、クレジットカードよりも手間がかかりません。

キャッシュレスの種類 コンビニの決済方法の例
電子マネー nanaco
WAON
Tマネー
楽天Edy
Suica
Pasmo
iD(チャージ不要)
QUICPay(チャージ不要)
スマートフォン決済 Apple Pay
Google Pay
コード決済 PayPay
楽天Pay
LINEPay
d払い
Alipay

多くのコンビニが上記の決済方法に対応していますし、特定のクレジットカードを紐付けることによって、クレジットカード同様にポイントを貯めることが可能です。

NFC非接触決済ならタッチするだけ!

また最近は「NFC非接触決済」に対応したクレジットカードも増えています。もしもクレジットカードの券面に以下のマークがついていたら、ぜひタッチ決済・コンタクトレス決済を試してみてください。

タッチ決済

NFC非接触決済対応カードなら、レジの読み取り機に挿入せず、リーダー部分に軽くタッチするだけで支払いが完了します。これはクレジット払いの新しい形で、ブランド別に以下のような種類があります。

  • Visaのタッチ決済
  • Amexのタッチ決済
  • Mastercardコンタクトレス
  • JCBコンタクトレス

NFC非接触決済は国際規格ですので海外でも使えますし、日本国内でも多くのコンビニが対応を始めています。

でもまだ「タッチ決済」「コンタクトレス」を知らないスタッフもいらっしゃるかもしれませんので、レジでは「クレジットで払います」と伝えた上でリーダーにタッチしましょう。

これで簡単にクレジット決済できますし、ちゃんとポイントも貯まります。

セブンイレブンでおすすめのクレジットカード

ではまず最初に、セブンイレブンで使うとお得なクレジットカードを2枚続けてご紹介しましょう。どちらも年会費無料ですので、どなたも気軽に申し込めます。

セブンイレブンで使える電子マネーとコード決済

その前に、セブンイレブンで使える電子マネーとコード決済の種類を調べましたのでご覧ください。セブンイレブンはクレジットカード以外にも、以下の支払い方法(電子マネー、コード決済)に対応しています。

  • iD
  • QUICPay
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • Suicaなど交通系電子マネー
  • LINE Pay
  • PayPay
  • メルペイ
  • au PAY
  • 楽天ペイ
  • d払い
  • ゆうちょPay
  • Alipay
  • WeChat Pay

またiDとQUICPayが使えますのでApple PayやGoogle Payも使用可能ですし、4種類のNFC非接触決済にも対応しています。

セブンイレブンで2%の高還元!JCB CARD W/ plus L

セブンイレブンをよく利用する方に一押しのクレジットカードがJCB CARD Wです。JCB CARD Wが男性向け、JCB CARD W plus L が女性向けのカードとなります。

JCB CARD W/ plus Lの基本還元率は1%と高い上に、セブンイレブンでは2%の高還元で利用頂けます。

セブンイレブンはJCB ORIGINAL SERIESパートナー店ですから、お得なキャンペーンが開催される機会も多く、キャンペーン期間中は更なる高還元で利用できる点もメリットです。

貯まったポイントは会員専用サイトMyJCBで申し込めばセブンイレブンの商品に交換できますよ。

ポイントをセブンイレブン商品に交換フロー

Apple PayやGoogle Payで「JCB CARD W/plus L」を使った場合もクレジット決済と同様で、セブンイレブンでは2.0%還元です。

JCB CARD W/ plus Lは39歳以下の方限定の大変お得なクレジットカードで、年会費が無料にも関わらず旅行保険が付帯するなどスペックも高い為、メインカードとしてもおすすめの1枚です。

JCB CARD W

決済方法 還元率
クレジット決済 ・通常店舗:1.0%
・セブンイレブン:2.0%
Apple Pay(QUICPay)
Google Pay(QUICPay)
・通常:1.0%
・セブンイレブン:2.0%

nanacoでポイント2重取りできるセブンカードプラス

セブンイレブンだけでなく、イトーヨーカドーやヨークマートなどセブン&アイ・ホールディングスグループ店舗をよく利用する方なら、セブンカードプラスがおすすめです。

セブンカードプラスは、1枚でクレジット決済と電子マネーnanaco決済の2通りが使えるクレジットカードです。利用別の還元率は以下のようになります。

利用 還元率
クレジット決済 通常店舗:0.5%
セブンイレブン:1.0%
nanacoクレジットチャージ 0.5%
nanaco決済 0.5%

セブンカードプラスはnanacoへのチャージでポイントが貯まる唯一のクレジットカードで、nanacoチャージ+利用でポイントが2重取りできる為、nanacoを利用する方には必携の1枚です。

セブンカードプラス

カード利用で貯まるポイントはnanacoポイントで、1ポイント=1円分のnanacoとしてお買い物に使えますから、ポイントの使い勝手も抜群です。

ファミリーマートにおすすめのクレジットカード

ではファミリーマートではどうでしょうか?ファミリーマートでも、特定のカードを使えばより多くのポイントが貯まります。

ファミリーマートで使える電子マネーとコード決済

以下はファミリーマートで使用可能な電子マネーとコード決済です。ファミリーマートはTポイント加盟店ですので、Tマネーが使えるのが特徴です。

  • iD
  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • WAON
  • Tマネー
  • Suicaなど交通系電子マネー
  • PiTaPa
  • FamiPay
  • d払い
  • LINE Pay
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • au PAY
  • J-Coin Pay
  • ゆうちょ Pay
  • メルペイ
  • pring
  • Alipay
  • WeChat Pay

ファミリーマートで2%の高還元!ファミマTカード

ファミリーマートでクレジットカードを使うなら、ファミマTカードが一押しですよ。ファミマTカードはTポイントカード機能が搭載されてますので、ポイントを2重取りできる為、還元率は合計で2.0%です。

利用方法 還元率
クレジット決済 ・通常店舗:0.5%
・ファミリーマート:2.0%
=0.5%(カード提示)+1.5%(クレジット決済)
ポイントカード提示
※ファミリーマート対応
・Tカード(ファミマTカード)
・dカード
・楽天ポイントカード
0.5%

ファミリーマートではdポイント、楽天ポイント、Tポイントの3種類のポイントを貯めることができますが、ファミマTカードで決済するとTポイントが貯まります。

またファミリーマートではコード決済のFamiPayが使えます。こんな風にポイントを3重取りすることも可能ですよ。この場合の還元率は合計で1.5%になります。

  • ①ファミマTカードでFamiPayにチャージ:0.5%
  • ②ポイントカード提示:0.5%(Tポイント、dポイント、楽天ポイントのいずれか)
  • ③FamiPay決済:0.5%(FamiPayボーナス)

ファミマTカードはFamiPayにクレジットチャージできる唯一のカードですので、FamiPayを利用する方にはこのカードが欠かせません。

ファミマTカード

ファミマTカードは年会費完全無料、Tポイントカードを兼ねたクレジットカードですので、Tポイント提携店で利用すれば、提示&クレジット決済でポイントの2重取りが可能となります。

ローソンにおすすめのクレジットカード

次にローソンでトクできるクレジットカードをご紹介しましょう。普段ローソンを使わない方でも外出先のことを考えれば、2種類以上のクレジットカードを視野に入れてみてもいいかもしれません。

ローソンで使える電子マネーとコード決済

以下はローソンが対応する電子マネーとコード決済の一覧です。ローソンはNAVER PayやAlipay connectなど、アジア圏のコード決済にも幅広く対応していることが分かります。

  • iD
  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • WAON
  • Suicaなど交通系電子マネー
  • PiTaPa
    (大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・三重・愛知のみ利用可)
  • au PAY
  • d払い
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • QUOカードPay
  • メルペイ
  • NAVER Pay
  • Alipay
  • Kakao Pay
  • Alipay connect
  • Smart Code
  • WeChatPay

3大コンビニでポイント+2%上乗せ!三井住友カード

コンビニ3社で+2%

ローソン含めコンビニ利用が多い方には、三井住友カードがおすすめです。実は三井住友カードはコンビニが大変お得なクレジットカードなのです。

三井住友カードはローソンを含めコンビニ3社とマクドナルドで、いつでもポイント+2%上乗せ=還元率2.5%で利用頂けます。

三井住友カードはVisaのタッチ決済にも対応していますので、コンビニでは簡単に決済できるのも嬉しいですよね。もちろんApple PayやGoogle Payも利用可能ですし、ポイントも同様に貯まります。

三井住友カード

利用 還元率
・クレジット決済
・Visaのタッチ決済
・Apple Pay(iD)
・Google Pay(iD)
・通常店舗:0.5%
・ローソン:2.5%
・セブンイレブン:2.5%
・ファミリーマート:2.5%

三井住友カードでポイントアップするのはコンビニだけではありません。以下のようなプログラムを利用することで、百貨店など他の店舗でも通常の2倍以上の還元率が実現します。

  • 選んだ3店でポイント2倍
  • ポイントUPモール
  • ココイコ!

三井住友カードは、普段使いのメインカードとしてもおすすめの1枚と言えるでしょう。

ミニストップにおすすめのクレジットカード

最後にミニストップの利用がお得になるクレジットカードを、2枚続けてご紹介しましょう。1枚目はイオンのお店にもお得なカードで、2枚目はJALマイルを貯めている方にピッタリの1枚です。

ミニストップで使える電子マネーとコード決済

ミニストップではクレジットカード以外に、以下の電子マネーとコード決済が使えます。どのコンビニでも、外国人向けに海外のコード決済への対応が増えています。

  • iD
  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • WAON
  • Suicaなど交通系電子マネー
  • QUOカードPay
  • 楽天ペイ
  • PayPay
  • LINE Pay
  • d払い
  • WeChat Pay
  • Alipay
  • au PAY
  • メルペイ
  • ゆうちょPay
  • NAVER Pay
  • J-Coin Pay

WAONチャージでポイントが貯まる!イオンカードセレクト

ミニストップはイオングループのコンビニですので、電子マネーWAONと相性がよく、WAONでボーナスポイント対象商品を購入すればボーナスポイントも上乗せされてお得です。

そんなWAONへのチャージ(口座オートチャージ)で唯一ポイントが貯まるのがイオンカードセレクトで、このカードは以下の機能が一体になった多機能型クレジットカードです。

  • イオン銀行キャッシュカード
  • クレジットカード
  • 電子マネーWAON
  • WAONポイントカード

イオンカードセレクトで口座からオートチャージしたWAONを使えば、チャージ&利用でポイントの2重取りができますので、イオンカードセレクトはWAONを利用する方には必携の1枚です。

利用 還元率
クレジット決済 ミニストップ:通常時0.5%
ミニストップ:毎月10日「ときめきWポイントデー」1.0%
通常店舗:0.5%
イオングループ店舗:1.0%
WAONチャージ 口座オートチャージ:0.5%
WAON決済 ミニストップ:0.5%
イオングループ店舗:1.0%

イオンカードセレクトは他にも以下のようにお得な優待が利用頂けますので、普段のお買い物だけでなくレジャーもお得に楽しめますよ。

  • イオングループ対象店:毎月20・30日「お客さま感謝デー」5%OFF
  • イオンシネマの映画鑑賞割引
  • 豊富な優待サービス(レジャーや飲食など)

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトはイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどのイオングループ対象店舗は常にポイント2倍ですから、これらの店舗をよく利用する方にもおすすめです。

マイルを貯めている方にはJALカード TOKYU POINT ClubQ

JALマイルを貯めている方なら、JALカード TOKYU POINT ClubQがおすすめです。これはクレジット決済でマイルが貯まるクレジットカードです。

JMB WAON(マイルが貯まるWAON)を紐付けて使えば、ミニストップではマイルを2重取りできて還元率は合計で1.0%です。

JMB WAONへのチャージ

ミニストップはJALの特約店ですので、マイル積算率が2倍になります。ですからJALカード TOKYU POINT ClubQでクレジット決済した場合も、やはり1.0%還元です。1マイルの価値は1円よりも高い為、いずれも実質的な還元率は1.5%以上になるでしょう。

ただしJALカードのチャージでマイルが貯まるのは、2021年3月31日までとなっています。2021年4月以降はチャージマイルが貯まりませから、ミニストップではクレジット払いの方がおトクになります。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

利用 マイル還元率
クレジット決済 ミニストップ(JAL特約店):1.0%※
通常店舗:0.5%※
JAL特約店:1.0%※
※ショッピングマイル・プレミアム登録時は2倍
JMB WAONチャージ クレジットチャージ:0.5%
JMB WAON決済 ミニストップ:0.5%

なおJALショッピングマイル・プレミアムに登録すると、ショッピングマイルの積算率が2倍になります。その場合ミニストップの還元率は2.0%です。ただしこれには別途3,300円(税込)の年会費が必要です。

ライフスタイルに合ったクレジットカードを使い分けるのがおトクです

どのコンビニにも、それぞれお得になるクレジットカードが存在します。外出先のことも考えて、4大コンビニのクレジットカードを使い分けることをおすすめします。

そうすることで常にスムーズにお会計ができますし、ポイントも効率良く貯めることができるでしょう。

またコンビニでは電子マネーが便利ですが、それにはクレジットカードとの組み合わせが重要です。チャージできてなおかつポイントが貯まるクレジットカードは限られますので、ぜひ当記事をご参照の上、お得なクレジットカードを選んでください。

クレジットカードとお得な暮らしをシェア

スーパーコンビニ系クレジットカード 新着記事

PAGETOP
pagetop