ACマスターカードは年会費無料で最短即日発行が可能

クレジットカードを新たに作りたいけれど、審査が不安という方は多いですよね。働き方が多様化している現代においてクレジットカード審査の基準も徐々に変化してきていますが、それでも条件による通過率の違いはなくなりはしません。

例えば、非正規雇用の方、特にパート・アルバイトのような立場の方は、どうしても不利になってしまう傾向が根強くあります。

そこで今回、クレジットカード審査が不安な方にもおすすめの1枚としてご紹介したいのが、大手消費者金融アコムから発行されているACマスターカードです。

ACマスターカードの魅力や特徴について、詳しく解説していきましょう。

ACマスターカードの魅力と特徴

注目ポイント
  • 年会費無料
  • 最短即日発行可能
  • 自動契約機で土日祝日もカード受け取り可能
  • 毎月利用額より0.25%自動キャッシュバック
  • カードローンユーザーの方にもおすすめ
  • 利用限度額内でクレジットとキャッシング自由に利用可能

ACマスターカードには、消費者金融発行のクレジットカードならではの特徴が多数あります。

例えば、独自の審査基準を設けており、パート・アルバイトでも申し込みが可能ですし、支払い方法は原則リボ払い、クレジットとキャッシングの利用枠がほぼ一体化しており、限度額内で自由に使うことができるなど、他社のクレジットカードにはあまりないサービスを複数備えています。

ただ単に審査が通りやすく作りやすいクレジットカードを求めている方だけでなく、もっと思い通りに使える便利な1枚が欲しい!という方にも、おすすめのカードなのです。

そんなACマスターカードのサービスについて、ここからはさらに詳しく解説していきましょう。

ACマスターカードは年会費無料!最短即日発行!

ACマスターカードは大手消費者金融の1つ、アコムが国際カードブランドのマスターカードと提携して発行しているクレジットカードです。

クレジット機能に加えて、カードローン機能が基本サービスとして付帯しているという、消費者金融発行のクレジットカードならではの特徴を備えています。

年会費は無料ですので、どなたでも気軽に作ることができます。また、最短即日発行が可能というのも、ACマスターカードの大きな魅力の1つとなっています。

審査は最短30分!自動契約機『むじんくん』で即日カード受け取りが可能

アコムのような大手消費者金融業者では、スタッフと対面せずにカードローンの申し込みができる自動契約機を全国各所に設置していますよね。

アコムではこの自動契約機『むじんくん』を利用して、ACマスターカードを最短即日発行することが可能になっているのです。

自動契約機『むじんくん』でカードを受ける手順を確認してみましょう。

  • ①インターネットにて申し込み手続き
  • ②申し込み後に届くメールから本人確認書類をアップロード
  • ③審査完了後、『契約手続きのお願い』メールを受け取る
  • ④メールにて契約内容を確認し、同意する
  • ⑤自動契約機『むじんくん』にてカードを受け取り

このようにネットで手続きを済ませたら、あとは自動契約機『むじんくん』に行くだけでカードを受け取ることができるようになっているのです。

審査完了までにかかる時間は最短30分と審査スピードが早い点も、このカードの魅力です。

自動契約機は土日祝日も営業していますので、お休みの日にカードを受け取りに行くこともできますし、夜21時まで営業していますから、お仕事帰りにカードを受け取りに行くこともできます。

すぐにクレジットカードを手に入れたい方にとって嬉しいサービスです。

また、即日受け取りではなくなってしまいますが、郵送でのカード受け取りも可能ですので、自動契約機や店舗がお近くにない方でも安心です。

独自の審査基準で間口も広い

ACマスターカードのもう1つの魅力が、消費者金融発行の、いわゆる消費者金融系クレジットカードならではの間口の広さです。

一般的に、クレジットカードではある程度の安定収入がある方なら、たいていのクレジットカードに申し込みができます。しかし、必ずしも審査に通るとは限りません。

特に雇用形態は重要度の高い項目で、正社員や公務員が比較的審査に通りやすいのに対して、非正規で仕事をしている方はどうしても不利になる傾向があることは否めない事実です。

その点、ACマスターカードでは消費者金融が発行するクレジットカードとして独自の審査基準を設けており、パート・アルバイトの方の申し込みも可能であることを公式サイトに明記しています。

もちろん、だれでも必ず審査に通るとは言えませんが、他社と比べると間口が広く審査を通る可能性が高いことは間違いないでしょう。

ただし、ACマスターカードではカードローン機能を基本搭載しているということもあって、申し込み対象年齢を20歳からとしています。未成年の方は申し込みができない為、その点は注意してください。

ACマスターカードでは毎月0.25%自動キャッシュバック

ACマスターカードにはポイントサービスは備わっていませんが、利用金額に応じた自動キャッシュバック特典があります。キャッシュバック率は0.25%です。

仕組みとしては、毎月の利用額から、あらかじめ0.25%相当の金額を差し引いた額が実際の請求額となります。

例えば月間利用額が5万円なら、125円引かれて49,875円が請求額となるということです。

自動的に差し引かれますので、ポイントのように使い損ねたりするリスクがない分、実用性の高いサービスといえるでしょう。

原則リボ払い、ATM振込が便利なACマスターカードの支払い方式

ACマスターカードの特徴は、その支払い方法にもあります。

クレジットカードの支払い方法というと、毎月決まった期日での口座振替で一括払いがメジャーですが、ACマスターカードでは原則リボ払い方式をとっており、なおかつ支払い方法は銀行やコンビニATMでの入金、口座振替(自動引き落とし)など自由に選べます。

リボ払いですので月々の最低支払額を期日までに振り込めば、その月の支払いは完了するということになりますし、余裕があれば多めに支払いをしたり、残高をまとめて一括返済したりと、かなり自由度の高い支払いが可能です。

さらにACマスターカードでは、支払期日も以下の2種類から自分で選択することができます。

  • 35日ごと
  • 毎月指定期日

なお、どちらを選んだ場合も、途中で変更することが可能です。では、それぞれの返済期日の仕組みについて、もう少し詳しく解説していきましょう。

圧倒的マイペースで支払いができる!『35日ごと』返済の仕組み

まず、『35日ごと』という聞きなれない返済期日設定についてご説明します。

『35日ごと』の返済期日を選んだ場合、ACマスターカードでは入会後最初の月の20日を締切として利用額を集計し、翌月7日から起算して35日以内を第1回目の支払期日とします。

そして以降は、実際に支払いをした日を起点として35日以内を支払期日とする…という繰り返しで、支払日がその都度決まっていくのです。

この35日以内の期間中であれば、いつでも自分の都合に合わせて支払いができますので、圧倒的にマイペースでの支払いが可能になります。

35日サイクル説明

なお、毎月20日までのクレジット利用分を翌月6日までに支払う場合、リボ払いの利用手数料はかからず、一括利用と同じ感覚で利用できます。

なるべく利用手数料を払いたくないという方は、この日程を意識して支払い計画を組んでいくとよいでしょう。

『指定期日』なら毎月の支払日は固定

一方、『指定期日』の返済を選んだ場合には、自分自身で指定した日づけを毎月の期日として支払いをしていくことになります。

毎月の返済日の変動がない為、給料日直後など確実に余裕のあるタイミングに支払日設定したいという方には、こちらの方が管理しやすいでしょう。

ただし指定返済期日よりも15日以上前に入金した場合、その分は前月の支払いの追加入金とみなされ、当月の支払いはまだ完了していないことになってしまう為、少し注意が必要です。

指定支払い説明

口座振替に変更もOK!ただし支払い額と期日は固定

ACマスターカードでは、支払い方法を「ATMでの入金」から口座振替に変更することも可能です。「ATMでの入金」だと支払いを忘れてしまうのが不安だという方は、こちらの方が便利ですよね。

ただし口座振替の場合は、支払日は自動的に『毎月6日』に固定となります。また、引き落とし額も約定返済金額となり、翌月一括払いにはできないので注意してください。

口座引き落とし説明

通常よりも多い金額を支払いたいという場合には、ATMやインターネット入金など別途対応が必要です。

便利なリボ払い方式!利用手数料に注意

リボ払い方式、ATMでの入金が基本のACマスターカードは、なるべく自分のペースで無理なくクレジットカードを利用したいという方には、ぴったりの支払い方式です。

口座振替でありがちな、残高不足で引き落とせず支払い遅延に…というトラブルが生じる心配もありません。

ただしリボ払い方式となれば、当然利用手数料がかかってきます。

ACマスターカードの利用手数料は10.0%~14.6%と、ごく一般的な水準の設定です。金額や支払い期間がかさむほどに手数料負担も大きくなっていきますので、計画的な利用と支払いを心がけることをおすすめします。

前月20日までの利用分を翌月6日までに支払えばリボ手数料不要

『35日ごと』の返済期日を選んだ場合、毎月20日までのクレジットカード利用分を翌月6日までに全額支払えば、利用手数料は発生しません。

また、新規利用残高を一括で支払うと、1回払い扱いになる為、利用手数料が最低限で済みます。

ACマスターカードは※インターネット返済にも対応していますし、インターネット返済なら24時間振込手数料無料で対応してますから便利です。

※Pay-easy(ペイジー)利用

ACマスターカードは限度額内でクレジットとカードローンが自由に使える

1つの利用枠内で、クレジットとキャッシングを自由に利用できるというのも、ACマスターカードならではの特徴の1つです。

ACマスターカードでは、入会審査時に『クレジット利用限度額』と『カードローン契約極度額』の2つの限度額を査定します。そして、この2つの限度額のうち、どちらか高い方の金額がカード利用上限額となるのです。

このカード利用限度額内で、なおかつ2つの限度額それぞれの範囲内であれば、ユーザーはクレジットとカードローンどちらも自由に利用することが可能になります。

以下にもう少し詳しくご説明しましょう。

2つの限度額が同額ならどちらも自由に使ってOK!

まず、『クレジット利用限度額』と『カードローン契約極度額』の2つが、どちらも全く同じ金額だった場合を想定してみましょう。

この場合は、クレジットとカードローン、どちらにいくら使ったとしても、その合計額がカード利用限度額内に収まっていればOKということになります。

例えばカード利用限度額が50万円あったとして、クレジットとカードローンのどちらかに50万円すべて使ってもよいですし、それぞれを25万円ずつ振り分けても問題ありません。

カード利用限度額の使い道を完全に自由に決めることが可能になります。

ACマスターカード限度額説明

2つの限度額に差がある場合!各限度額に合わせた利用制限に注意

一方、『クレジット利用限度額』と『カードローン契約極度額』の2つの限度額に差がある場合には、トータルの利用限度額はどちらか大きい方の金額になります。

ただし、限度額が小さい方の機能はその範囲内でしか使うことができません。

例えば、『クレジット利用限度額』が50万円、『カードローン契約極度額』が30万円の場合、ACマスターカードの利用限度額は50万円になり、クレジット決済は最大50万円まで自由に利用することができます。

しかし、カードローンの方は極度額である30万円を超えて利用することができません。

ACマスターカード限度額説明

このように、2つの限度額に差がある場合には、それに応じて利用制限が生じます。それも加味して使い方を考えるようにしましょう。

ACマスターカードの基本概要

ACマスターカード

項目 内容
年会費 無料
申込資格 ・20歳以上
・安定した収入と返済能力を有する
国際ブランド ・Mastercard
追加カード
ETCカード
電子マネー
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
その他の付帯補償 盗難・紛失補償
基本還元率 0.25%

実用性バツグン!自由度の高さが魅力のACマスターカード

アコムのクレジットカード、ACマスターカードの特徴や魅力がおわかりいただけたでしょうか?

ACマスターカードは、優待や補償、ポイントサービスなどの特典・サービス面を絞っている代わりに、最短即日発行で年会費無料、幅広い方が作りやすく、マイペースな支払いに対応という、かなり実用性に特化したカードとなっています。

すぐに作れて、無理なく支払いができるクレジットカードが必要!という方にはぴったりの1枚と言えるでしょう。クレジット利用枠と同じ枠内でカードローンが使えるのも頼もしいですよね。

自由度の高さが魅力のACマスターカードを、ぜひ新たなクレジットカード候補の1つに入れてみてはいかがでしょうか?

クレジットカードとお得な暮らしをシェア
PAGETOP
pagetop